どうも、アサハルです。

 

ブログを書いていて、

どうしても難しい漢字を

使わないといけないとき、

(勉強系のブログや小説とか)

ふりがなを付けれたら便利ですよね。

 

まあ、

 

齷齪(あくせく)、

饂飩(うどん)、

禁書目録(インデックス)、

 

でも読んでる人には、

十分わかると思うんですけど、

あまり見栄えは良くないんですよね。

 

 

今回はそんな要望にお応えできる、

プラグインを紹介します。

 

【ふりがなプラグイン】その名もWP-Yomigana

WP-Yomiganaという、

直球すぎるプラグイン名のとおり、

製作者は日本の方です。

 

最終更新から2年経っていますが、

今のところ(2017/11/05現在)普通に使えます。

 

なお、

このプラグインを使うためには、

『TinyMCEAdvanced』という

プラグインが必要なので、

入っていない場合は、

こちらのプラグインを先に入れましょう。

 

そもそもプラグインの入れ方が分からないという場合はこちら

 

TinyMCEAdvancedの設定方法動画↓

 

 

 

話を戻して、

WP-Yomiganaの設定はいたって簡単です。

 

まず、プラグインの検索画面で、

WP-Yomiganaと、

コピペでいいので入力します。

 

 

この物騒なアイキャッチ画像のプラグインが、

WP-Yomiganaです。

 

見つけたら、

今すぐインストール⇒有効化でOKです。

 

WP-Yomiganaの使い方

ものすごい直感的に扱えます。が、

画面がおかしいので若干混乱します。

(TinyMCEのバージョンが新しく、

WP-Yomiganaの更新は、

2年前から止まっているので、

対応しきれていないからだと思います)

 

WP-Yomiganaの解説動画↓

 

 

神の麺ラーメン

 

僕の好きな食べ物お寿司

 

みたいなかんじで、

簡単にルビが振れます。

(ブラウザによっては、

ルビが対応していない場合があります)

 

ただ、いま打ってみたところ、

ルビを振った後に改行なしで、

続けて他の文章を打つと、

ちょっと表記がおかしくなるので、

ルビを付けるのはキリの良いところまで

打ち終わってからのほうが良いです。

 

 

ということで、

ちょっと変わったプラグイン、

WP-Yomiganaの紹介でした。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――