どうもアサハルです。

 

ワードプレスの初期設定シリーズ、

今回はワードプレスの投稿設定について

解説していきます。

 

とはいっても設定する箇所は一か所だけで、

コピペで一瞬で済む作業なので、

僕のブログ記事の通りに設定しておけば

何の問題もありません。

 

ということでささっと解説していきますね。

 

投稿設定(ping送信先一覧)の設定方法

 

今回も解説動画を撮りましたが、

文章だけでもささっと解説できるので

簡単に書いておきます。

 

ワードプレスの投稿設定の設定(ややこしい)は、

ワードプレス管理画面(ダッシュボード)から

設定⇒投稿設定⇒下にスクロールして「更新情報サービス」

の入力可能な箇所に追記して終わりです。

 

追記と言っても以下のURL(ping送信先)を

コピペして貼り付けるだけです。

 

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blog.with2.net/ping.php/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://hamham.info/blog/xmlrpc/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://ping.rootblog.com/rpc.php
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ping.sitecms.net
http://pingoo.jp/ping/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://rpc.blogrolling.com/pinger/
http://rpc.pingomatic.com/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serenebach.net/rep.cgi
http://taichistereo.net/xmlrpc/
http://www.bloglines.com/ping
http://www.i-learn.jp/ping/
http://xping.pubsub.com/ping/

 

最初に入っているURLを

上書きするようにコピペでOKです。

(最初に入っているURLも

上記一覧に含まれているので)

 

ping送信先を設定しておくと、

あなたがブログ記事を投稿した時に、

ワードプレスが各種情報サービスに、

あなたが記事を投稿したことを

知らせてくれるようになります。

 

つまりはより早く登録(インデックス)

されやすくなるということです。

 

ブログ記事を投稿しても

その記事がインデックスされなければ

検索結果には表示されないので、

インデックススピードは速いに越したことはありません。

 

とはいえこれを設定しておけば、

すぐにインデックスされるというものでもなく、

より速く確実にインデックスしてもらうには

フェッチアズグーグルという

グーグルが提供している無料機能を使ったほうがいいです。

⇒ フェッチアズグーグルについてはこちら

 

 

なのでこのping送信先設定(投稿設定の更新情報サービス)

については効果は薄いかもしれないけれど、

一応設定しておくという意味合いが強いです。

 

設定自体は速攻で終わるので、

パパッとやっておきましょう。

 

 

注意点として、

ping送信先を重複して登録することだけは

必ず避けてください。

 

ping送信はインデックスを促す行為なので、

同じ情報サービスに何度も促してしまうと

スパムと見なされる可能性が出てくるので。

 

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――