どうもアサハルです。

今回はプラグインの設定、

忘備録シリーズです。

 

TinyMCE Advancedって

基本便利ですけど、

微妙に手が届かないところがありますよね。

 

それがフォントサイズ(文字サイズ)!

 

デフォルトの設定だと、

16pxの次が20pxだったり、

36pxの次が48pxだったりして、

微妙に思い通りにできない!

って思うことが何度もあったんですよね。

 

テキスト開いて直接タグ打って

文字サイズを設定すればできますが、

文章書くのに集中したいときに

タグ打ちをするのは正直めんどい。

 

だったらラクに設定できるように、

TinyMCE Advancedをいじればよくない?

 

と思っていじってみました。

 

非常に簡単なので、

真似してラクに文章が打てる

環境をつくっちゃってください。

 

TinyMCE Advancedのプラグインを編集する

普段あまりさわらないであろう、

プラグイン編集から

TinyMCE Advancedをいじります。

 

ワードプレス管理画面

プラグイン編集

編集するプラグインを選択で

TinyMCE Advancedを選択。

プラグインファイルの、

tinymce-advanced/tinymce-advanced.phpを選んでください。

 

 

そしてCtrlキー+Fボタンで、

以下のコードを検索してみてください。

 

private $fontsize_formats

 

するとフォントサイズが

ズラっとならんだコードを

発見できるはずです。

 

 

あとはここに、

自分の欲しいサイズを

追加で入力して保存するだけです。

 

ちなみに16.5pxのような

小数点を追加することもできます。

 

今回僕は17px 18px 19pxが

欲しかったので、

以下のように追記しました。

 

 

現在有効化されている

プラグインの変更はおすすめしません。

と警告が書かれていますが、

無視してファイルを更新します。

 

追加したフォントサイズが、

TinyMCE Advancedにきちんと

反映されていれば完了です。

 

 

これでもう面倒なタグ打ちは必要ありません!

 

プラグイン編集の微妙なデメリット

プラグインのコードを

直接いじっているので、

TinyMCE Advancedを更新してしまうと、

コードが初期化されて今回追記した

フォントサイズは消えてしまいます。

 

よってまた追記し直すことになりますが、

2分もあれば追記できるので、

そんなに大きな問題はないかと思います。

 

本当は更新しても

消されないようにしたいですが、

僕はよくわかりません。

僕が教えて欲しいです(笑)

 

フォントサイズ追加したけど反映されない!

きちんと半角スペースを含めて、

フォントサイズを入力していないなど、

入力ミス以外で反映されない原因は、

TinyMCE Advancedの設定で、

フォントサイズを有効にしていない場合がほとんどだと思います。

 

ちなみにTinyMCE Advancedを

有効化しただけのデフォルトだと、

フォントサイズは有効になって

いなかったような気がします。

(デフォルトだとフォントサイズで

16「pt」と、pxではなくptで出たはず)

 

ワードプレス管理画面

設定

TinyMCE Advanced

フォントサイズのチェックボックスに

チェックを入れてください。

 

 

あとは画面右下の「変更を保存」を押せば完了です。

 

あとがき

この手の微妙に手が届かないことって、

ブログやネットビジネスやってたら

結構頻繁に起こることですよね。

 

あのモヤモヤ感が払しょくできるよう、

今後も気づいたことがあれば

忘備録として更新していこうと思います。

 

ということで、

TinyMCE Advancedで

フォントサイズを追加する方法でした。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――