最近、テレワークという働き方を

よく見かけることが増えてきたので、

今回はテレワークについて、

簡単に取り上げたいと思います。

 

テレワークとは?

平たく言えば、

ネットを使って仕事を効率化し、

時間や場所に縛られない

柔軟な働き方のことを指します。

 

 

テレワークの働き方は主に以下の3つ。

 

・在宅勤務

名前の通り家でできる。

 

・モバイルワーク

移動中や顧客先、

カフェなどを就業場所にする働き方。

仕事柄社外で働くことの多い、

営業職などに向いている。

 

・サテライトオフィス

所属する会社以外の

他のオフィスに出勤する働き方。

自宅から近い施設を就業場所にしたり、

空き家や遊休施設を就業場所にしたりする。

 

 

要するに会社外で働く働き方だと

思って頂ければOKだと思います。

 

テレワークのメリット

【働く側のメリット】

・家族との時間が増える

・通勤しなくても良くなる

・育児や介護での離職を減らせる

・職場の人間関係のストレスも緩和される

 

・仕事の時間的な裁量が増える(きちんとやることさえやればOK)

・業務以外に使われる時間が減り、生産性が向上する

 

【雇う側のメリット】

・オフィスが必要ないので、コスト削減になる

・遠隔地の優秀な人を雇える

・災害時でも業務が続行できる

・お荷物社員の給料を減らせる

 

テレワークのデメリット

【働く側のデメリット】

・自己管理ができないとキツイ

・やるべきことをやれないと給料が大幅に減る(評価が出来高になりやすいため)

・(社内恋愛の機会は減る)

 

【雇う側のデメリット】

・時間で管理がしにくい(出来高や成果での評価になる)

 

 

という感じなのですが、

このあたりの詳しい話は、

既に他の人やブログがしてくれているので、

軽く触れるだけにして、

 

僕のブログでは、

会社員のままでも自由になれるのか?

ということをお話ししていきます。

 

会社員でもテレワークで自由になれる?

結論から話すと、自由にはなれません。

 

あくまでも会社から割り振られた

仕事はきちんとやらなければいけないので、

自分の気分でその日は休みにするとか、

そのレベルまで自由にはなれません。

 

 

ただ、

自由度はそれなりに上がります。

 

満員電車から解放されたり、

うざい同僚や上司との

無駄コミュニケーションも

グッと減らすことはできるでしょう。

 

 

その代わりきちんと仕事ができないと、

出来高などのデータが評価基準になるので、

普通に通勤して時間給でお金を貰うより、

給料もガクッと減る可能性はあります。

 

実際にテレワークを取り入れた企業で、

仕事を頑張っている20代~30代前半の

社員の給料がアップし、

勤続年数だけにかまけている

40代~50代の給料が大幅に下がったというケースもあるようです。

 

結論:雇われの身では自由になれない

分かっていたことではあるのですが、

雇われている以上、

自由な人生を手に入れるのは

かなり難易度が上がってしまいますね。

(親友レベルで仲の良い起業家さんに、

自由で裁量度の高い仕事を貰うとか?)

 

じゃあ自由になるのを諦めるのか……

という話ではなくて、

毎日楽しく自由に生きたいのであれば、

いつもの結論にはなっちゃいますが、

お金のかからないネット起業に挑戦してみようってことですね。

 

【関連記事】

アサハルがネット起業で得られたもの

個人で起業は意外と簡単

こんな私でもできますか?という質問について

ネットビジネスは難しい?勘違いあるあるまとめ

 

 

P.S.

テレワークに関する記事は、

以下の記事が面白いかと思います。

 

 

【関連外部記事】

テレワークって残業代ゼロになるんですか?

※記事中の、

「政府で議論されている

『時間ではなく成果で評価する新たな制度』は、

自分の裁量で仕事ができる一部の人に限られ」

の「自分の裁量で仕事ができる一部の人」

って表現がヤバいと思う。

 

もちろん、

コンビニのレジ打ちのような、

そもそも裁量など

必要とされていない仕事は別ですが、

 

今後は主体性を持って

シゴトができるようになっていく人に、

自由な生活や大きな収入が

待っている世界になっていくと思いましたね。

 

現代の働き方「テレワーク」そのメリットと課題とは?

こんな会社がもうテレワークをしている(テレワーク導入企業一覧)

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――