どうも、アサハルです。

 

今回は僕がやってきたゲームの中でも、

間違いなく一番時間をつぎ込んだ、

スマブラについて、勝つための、

ワンポイントアドバイスを書いていこうと思います。

 

根本的な話なので、スマブラに限らず、

対戦アクションゲーム全般で使えるかと思います。

 

技のフレームとか、崖絶とか、

○○キャンセルとか、

そういう戦術レベルの話はしないので、

テクニックが知りたい場合は、

Wikiや他の攻略サイトにお任せします。

 

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii U攻略(外部サイトへ飛びます)

 

実際にプレイしながら解説してみた動画↓

 

 

なぜ負けるのかを理解する

偉そうに見出しをつけていますが、

僕がスマブラを遊び始めたのは、

幼稚園年長だったか小学校1年生だったか、

その辺だったと思います。

(スマブラ64です)

 

なので、

「なぜ負けるのかを理解する(キリ)」

なんてことは全く考えずにやってました。

 

 

そもそもスマッシュ攻撃が出せない、

そんなレベルだったと思います。

 

マスターハンドにボコボコにされて、

それでも泣きながらプレイして、

小学1年生にして22時過ぎまで

ずっとやっていたらしいです。

(母談)

 

そんなだから、

母からベランダに追い出されて、

それでまたさらに泣いて、

泣き疲れてベランダで寝て、

寝てる間に母に回収される。

 

そんな生活を長い間続けていた、らしいです。

(うっすら記憶あるような、ないような感じです)

 

 

で、泣きながらやりまくっているうちに、

ショッピングモールに置いてある試遊台で、

小学2年生にして、高校生や大学生に、

勝てるぐらいになっていました。(この辺は少し覚えている)

 

 

この頃には、

なぜ負けたのかが分かるようになってました。

 

決定的に負ける前に、

『負ける瞬間』ってのが分かるようになるんですね。

 

ゲームで勝つための感覚に、

僕はこの『負ける瞬間が分かる』は超大事だと思ってます。

 

 

なんで勝つための方法なのに、

負ける瞬間が分かるのが大事なんだ!

と思われるプレイヤーもいるかもしれません。

 

ですが、逆に考えてください。

 

対戦ゲームは、負けなければ、勝てるんです。

 

 

そのために、負ける瞬間が分かる感覚は必要です。

 

負ける瞬間が分かるということは、

それを回避することも考えて動ける(操作できる)、ということです。

 

 

特にスマブラはゲームの性質上、

1対1であれば、最初は勝ちにいくよりも、

負けない動きを学んだほうがいいです。

 

そうすれば、

単純な攻めばかりしてくれる

初心者相手には、

安定して勝てるようになります。

 

 

「何かよくわからんけど負けた」

を放置したままずっとプレイしていたら、

たぶん何万回対戦しても上手くなりません。

 

対戦で負けたときに、

何で負けたのかは、毎回きちんと、

理解する(あるいは仮説を立てる)癖をつけたほうがいいです。

 

できることなら、

勝てたときも負けたときと同じように、

理解を深めていったほうがいいですが、

負けたときより若干難しいので、

最初は負けたときだけでも良いと僕は思います。

 

 

もちろん、

ただやってるだけでもそれなりに慣れますし、

対戦アクションは相手にミスも出るので、

たまに勝てるようにはなれると思います。

 

しかし、

『狙って勝てる状態』までなるのは遠回りでしょう。

 

特に上級者相手となると、

ただやりこむだけでは通用しない壁が見えてきます。

 

あとがき

僕は小さいころから、

攻略本などで知識を得ないまま、

過去からスマブラをずっとやってきました。

(スマブラDXをやるまでは、

攻略本や攻略サイトの存在を知りませんでした)

 

今でこそ、ありがたいことに、

他のスマブラ―からセンスがいい、

才能あると言われることもありますが、

全て膨大なプレイ時間からくるものです。

 

 

そういう意味では、

ほとんど遊びながら覚えてきたので、

勝つという意味で遠回りもたくさんしてきたでしょう。

 

今回、ちょっと軽く書いてみて、

意外と楽しかったので、

今度またもっと長くしっかりとしたものを

書くかもしれません(未定)

 

 

P.S.

 

以前に比べて、

スマブラをやる時間はだいぶ減りました。

 

が、やってる時間は減ったにも関わらず、

ビジネスを始めてからのほうが、

明らかにスマブラも強くなったと感じています。

 

 

こう書くと、

なんかビジネスに勧誘してると

思われるかもしれませんが、

普通に事実だと思うんですよね。

 

たぶん、ビジネスをやるようになって、

自然と相手のことを考えるようになったから、

というのが大きいかなと自己分析しています。

 

それか、

ビジネスをやることで、

スマブラが強くなったと思い込むことで、

実際に強くなっただけかもしれません(プラシーボ効果)

 

どっちにしろ、

ビジネスって色んなジャンルに対して、

汎用性ほんと高いなと、改めて思いました。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――