どうも、アサハルです。

 

youtubeのチャンネル登録者数が、

いつの間にか100を超えていました!

 

 

まあ、100と言っても、

上には上の人たちがいるので、

全然は全然なんですが、

それでも嬉しいものは嬉しいです!

 

 

こうしてyoutubeで発信することで、

ときどき(ありがたいことに)

アサハルさんは話すのが上手いですね、

と言われることも増えました。

 

褒められるために、

やってるわけじゃありませんが、

それでも褒められれば嬉しくて、僕も元気が貰えます。

 

 

こうして、自宅に居ながら、

割と好きなことだけやって生活していけてるのは、

改めて、僕と関わってくれる、

色んな人のおかげだなと思いました。

 

昔は、小説の巻末を読んで、

「皆さんのおかげでここまで来れました!」

というのを見ても、ウソくさ……と思ってましたが、

今では素直に信じられます。

 

 

ということで、

あまり本編と関係ないことを話してもアレですから、

今回は少しでも話すの上手いな、

と思われる話し方について、お話しします。

 

話が上手い人は抽象と具体の行き来が上手い

よく、

話が上手い人は例え話が上手いと言いますが、

もう少し抽象度を上げてお話ししています。

 

もちろん、今回僕が話す内容以外にも、

上手いなと思われるポイントは複数ありますが、

それを話し出すと異常に長くなるので、

今回は抽象と具体の行き来に絞ってお話しします。

 

 

そもそも、抽象と具体は、

具体的に何なのかというと(ややこしい)、

 

抽象……ひとつの法則や本質・何のために、なぜ

具体……法則や本質の事例やたとえ話・どうやって

 

 

こんな感じの理解でOKです。

 

で、話の上手い人というのは、

この抽象と具体の配分がよく、

かつその中でストーリーを仕込みます。

 

 

抽象の具体の配分は、具体的にどんな配分か、

厳格な決まりがあるわけではありませんが、

抽象:具体=2:8か3:7ぐらいだと思います。

 

 

ではいったい、

どういう話し方をすればいいのかというと、

抽象を1つあげて、その後に事例を並べることをします。

 

 

たとえば、

『マメな男性がモテる』というテーマを元に、

抽象と具体を行き来する話をしてみます。

 

 

話の流れとしては、

 

マメな男性がモテるという法則がある⇒抽象

A君はBさんをマメにデートに誘いました⇒具体

C君はDさんに頻繁にLINEを送りました⇒具体

E君はFさんにスタンプをしょっちゅう送りました⇒具体

しかし、実際にはモテた人とモテなかった人に分かれました⇒抽象

その原因については……⇒具体

たとえば、こういうケースもあり……⇒具体

つまり、マメにするということは……⇒抽象(結論)

 

 

みたいな感じです。

 

ざっくりしすぎて分かりにくいと思うので、

抽象と具体を行き来して話している動画を、

今度また撮ってこの記事に追記しようと思います。

 

 

とにかく、今の段階でわかって欲しいのは、

ひとつの結論や法則だけを話しても、

「よくわからん!」となる人は必ずいるということです。

 

なので、その人たちにも伝わるように、

結論や法則を含んだ事例を、

次から次へと話していくことが大切です。

 

この事例は、できるだけ、

聞いている人の頭の中で、

映像になるような事例が望ましいです。

(そのほうがわかりやすいので)

 

そして、話を聞いている人が、

「もうその事例は分かったよ」と思うくらい、

丁寧に事例を挙げていくぐらいがいいですね。

 

 

最後に、

ちょっとまたややこしい話をしますが、

 

話が分かりやすい人=話が上手い人

 

ではありません。

 

 

しかし、

 

話が上手い人=話が分かりやすい人

 

であることは間違いありません。

 

 

なので、今回紹介した、

なにかひとつのテーマを挙げて(抽象)、

そのテーマに沿った事例(具体)をあげていく。

 

この流れを意識するだけでも、

分かりやすい話ができるようになって、

なんとなく話が上手いなと思われやすくなります。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――