どうも、アサハルです。

 

僕もよく相談を貰うことなんですが、

就職したくないと考えてる大学生って、

意外と少なくありません。

 

今後僕が同じ相談をされたときに、

ブログを見てくださいと言えるように、

就職を回避するためのすべを書いていきます。

 

就職以外で収入源をつくる

ニートになる以外の選択肢だと、

もう就職以外で収入源をつくるしかありません。

 

いつまでも親のすねを、

かじり続けていくわけにもいかないでしょう。

 

 

では、就職以外でつくれそうな収入源となると、

 

  • アルバイト(フリーター)
  • ヒモ(他人の収入源)
  • 起業(何らかのビジネス)

 

ざっくり分けると、この3つです。

それぞれ見ていきます。

 

アルバイト

これまでやってきたアルバイトを続けるか、

はたまた新しいバイトを探すか。

 

どちらにしても、

大卒の資格を持っている割には、

給料が少なくなる可能性が高いのは否めません。

 

実際には、

休みなしレベルで死に物狂いで、

割の良いバイトを続ければ、

年収1000万もバイトでいけなくないですが、

ものすごい辛いので、あまり現実的ではないです。

 

 

責任感のような、気持ちの面では、

正社員よりバイトのほうがラクだと、

感じる人も少なくないと思います。

 

が、

その分、待遇面はどうしても劣りがちですし、

就職した友人に対しては置いていかれるというか、

人生の差が開いていく感覚を覚える可能性はあります。

 

 

そこまで考えたうえで、

選択としてアルバイトを取るかどうかは、

決めたほうが良いと僕は思います。

 

ヒモ(他人の収入源)

あまり褒められた方法じゃないですが、

本人と相手が幸せであれば、

外野が口を出すのは野暮ってことで、

就職を回避する手段として紹介しています。

 

 

僕の知っているやり方だと、

 

まず真面目そうな男に取り入る

ブランド物のバッグとかを買ってもらう

同じように他の男にも取り入る

同じブランドのバッグを買ってもらう

バッグにアクセサリーを付けて、

ヒモ対象である男の前で、

普通にデートとかで使う

余ったバッグを転売する

頃合いを見て別れたり、新規を探す

 

みたいな、

男性が知ったら発狂しそうな、

えげつない就職回避方法もあります。

 

 

じゃあなんでそんな方法を、

僕がここに書いているのかというと、

この方法を広めたいのではなくその逆で、

こういうのもあると知っていれば、

警戒することもできるようになるからです。

 

 

当然、とてもじゃありませんが、

僕から推奨することはできません。

 

まあこんな生き方もあるみたいよ、と、

男性は警戒するための知識として、

入れておいてもらえたらなと思います。

 

起業(何らかのビジネス)

世間一般的には、

まだまだ浸透とまでいきませんが、

大学生がインターネットで、

なんらかのビジネスをしていることも、

今やそこまで不思議ではなくなってきています。

 

 

現に僕のゲーム好きの知り合いも、

実況動画をyoutubeにアップして、

毎月3万ほど稼いでいる方もいます。

 

ビジネス仲間であれば、

大学生にして一度も就職せずに、

生活費以上をビジネスで得て、

時間にゆとりのある生活をしている人もゴロゴロいます。

 

僕のコンサル生の大学生も、

ビジネスを学んだことで、

就職を回避した方もいらっしゃいます。

 

【参考記事:コンサル生のましろさんが月収28万を達成】

 

 

僕自身は一度就職していますが、

結局会社員生活に耐えきれなくなり、

自分でビジネスを始めて脱サラしています。

 

 

なので、

これを読んでくれているあなたが、

どうしても就職したくないと考えているなら、

なるべく早くなにか自分でビジネスをやったほうが良いです。

 

簡単とか難しいとかの次元じゃなく、

就職したくないなら、

必ず収入はどこかで得ないといけません。

 

少なくとも、ヒモを続けるよりかは、

ビジネスは簡単だと言えますし、

続けていけばアルバイト以上の収入を、

アルバイト以下の労働時間で、

得ることだってできるようになります。

 

 

僕がネットを使ったビジネスを通じて、

どんな生活を送っているのかは、

こちらのページをご覧ください↓

 

運よく入れた大企業を捨て独立した元ダメリーマンの物語

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――