どうも、アサハルです。

 

僕は2018年の4月中旬ごろに、

メルマガ読者さん限定で

無料相談企画を実施していました。

 

その中で、YMさん(仮名)という方から、

好きなことを仕事にしていきたい、

という相談をチャットで受けていまして、

 

その相談のやり取りを後で見返して、

これは、将来どうすればいいか分からない、

将来どうやって進んだらいいか迷っている、

そういう人の背中を押せるかも、と思ったわけです。

 

 

その旨をYMさんにもお伝えしたところ、

「シェアしてオッケーですよ」と、

快くご協力頂きましたので、

Skypeチャットのやり取りを、

ほぼそのまま掲載したいと思います。

 

※YMさんが特定されてしまうような情報だけ、

伏せさせていただきます。

※会話の流れ的に分かりにくくなる部分は、

時系列を無視して入れ替えさせて頂きました。

 

Skypeを直接貼ったので

読みづらいかもしれないのと、

単純に長いかもしれませんが

良かったら読んでみてください。

 

好きなことを仕事にしたい|YMさんの場合

[2018/04/30 21:01:50] 伊東アサハル: こんばんは、アサハルです! 本日はよろしくお願いします!

[2018/04/30 21:02:13] Y M: こんばんは。こちらこそよろしくお願いいたします!

[2018/04/30 21:03:15] 伊東アサハル: では、事前に分からないと話していたことを順に話していきますねー

[2018/04/30 21:03:29] 伊東アサハル: >好きなことを仕事にしたいが、どうやって仕事にして収入に結び付ければいいか分からない。

[2018/04/30 21:03:40] Y M: はい。

[2018/04/30 21:03:53] 伊東アサハル: >アロマに興味を持っているが、まずは資格をとるために勉強したほうがいいのか?

だが、医師や弁護士のように資格が必ず必要な類のものではないうえに、資格をとったから収入になるわけではない。

[2018/04/30 21:04:17] 伊東アサハル: >それ以前に、アロマについて勉強したとして、どうやってビジネスに取り入れるのか?

[2018/04/30 21:05:01] 伊東アサハル: まず、「アロマに興味がある」だとターゲット(つまりお客さんになる人)がざっくりすぎるので、アロマでなにがしたい人に向けてアプローチするか、ハッキリさせたほうがいいですね。

[2018/04/30 21:06:01] 伊東アサハル: 僕はあんまりアロマ詳しくないですけど、たとえば、ただ単にいい匂いが好きなだけなのか、それともアロマを使った健康法に興味があるのか、とか。

[2018/04/30 21:08:00] 伊東アサハル: お客さんの知識レベルにもよりますが、なんとなくアロマに興味がある人たちが、検索するようなキーワードを使ってブログをつくり、そこに集まってきたお客さんたちに、アロマの効能とかを教えてあげて、こういう方にはこういうアロマがおすすめ! みたいな感じで、アロマの販売に繋げていくことはできますね

[2018/04/30 21:08:34] Y M: アロマのいい匂いが好きというだけですので、健康法にはあまり興味がないですね。。

健康法というよりも、アロマのいい匂いがしてキレイなお花があっておいしいお茶を堪能しながら、人とお話をしながら仕事ができたらいいな。

というイメージがあったのでアロマを例に挙げました。

[2018/04/30 21:10:34] Y M: おっしゃる通りだと思います。

アロマに関するブログを立ち上げる場合、アロマに関するブログはたくさんあるので、どうなのかな?と考えてしまいます。

アロマの販売をしたいかというと、そこまで興味はないですね。。。

[2018/04/30 21:12:26] 伊東アサハル: まあ、僕が挙げたのは例のひとつなので、こういうやり方もありますよって話なので、その辺りはどうするかはYMさんの自由ですよ!

[2018/04/30 21:13:22] Y M: アロマのすきをビジネスにつなげるやり方は勉強になりました!

 

[2018/04/30 21:12:34] 伊東アサハル: >どうやってビジネスに結びつければいいか分からない。

[2018/04/30 21:13:33] 伊東アサハル: これはビジネスの基本についてですが、ビジネスは「お客さんに何かしらプラスになるようなことをしてあげる」が大前提です。

[2018/04/30 21:15:08] 伊東アサハル: そんなことは分かってるよ、と思うかもしれませんが、これが超大事です。
だから、好きとか嫌いとかではなくて、お客さんに興味を持つことは必須ですね。

[2018/04/30 21:15:38] Y M: はい。

[2018/04/30 21:18:50] Y M: どういう人をお客さんにしたいか? を決めてからビジネスを始めたほうがいい
という類のことはよく聞きますが、いまいちイメージがつかめないんですよね。。。

最初は、私と同じような境遇の人をお客さんにしたビジネスを考えていました。

ですが、あまりにもニッチな市場のためビジネスの採算がとれないとのことで、

[2018/04/30 21:19:25] Y M: 市場とお客さんを決めるのが難しいなと思っています。。。

[2018/04/30 21:20:42] Y M: 自分が好きなこと、やりたいことに興味を持つ人をお客さんにするいいイメージでしょうか?

[2018/04/30 21:20:49] Y M: お客さんにするイメージでしょうか?

[2018/04/30 21:20:51] Y M: でした。

 

[2018/04/30 21:23:16] 伊東アサハル: うーん、ビジネス的な面で考えると、自分が好きなこととかはぶっちゃけどっちでもいいというか、あんまり関係ないんですよね(笑)

元々お客さんの需要があるのか、もしくは需要を生み出せるかでビジネスになるかどうかは決まるので、自分が好きかどうかは関係ないです。

[2018/04/30 21:24:18 | 21:24:30を編集しました] 伊東アサハル: たとえば、YMさんのように「好きなことで稼ぎたい人」はたくさんいます。

そういう人たちに向けて、「好きなことで稼げる方法を教えます」は、需要がありますよね。

[2018/04/30 21:24:32] Y M: なるほど。。。

せっかくなら自分が好きなことや興味があることで、需要を生み出せる分野でビジネスをやったほうが楽しいと思いますが、どうやって需要があるかどうかを判断されていらっしゃいますか?

[2018/04/30 21:26:52] 伊東アサハル: 需要があるかどうかは、yahoo知恵袋やTwitterなどなど、検索すればすぐに分かります。どれぐらいの人がどういうキーワードで検索しているのか、ボリュームを調べることができる方法もあります。

キーワードプランナーやaramakijakeなど。

[2018/04/30 21:27:41] 伊東アサハル: http://aramakijake.jp/

[2018/04/30 21:27:46] Y M: 簡単に調べられるんですね!

[2018/04/30 21:29:26] 伊東アサハル: 人がどんなことに困っていたり、悩んでいたり、「こういうの欲しいなー」って言ってたりするかどうかを調べるだけなので、難しくはありませんし、かなり地味な作業ですね(笑)

[2018/04/30 21:31:02] Y M: 確かに地味な作業ですね(笑)

困っている問題を解決する→ビジネスにしたほうがいいということでしょうか?

[2018/04/30 21:31:52] Y M: そして需要というと、
目に見えない分野(スピリチュアルなど)は需要がありますよね?
ですが競合が多いと思います。

どうやって差別化を図ればいいんだろう?と気になっています。

[2018/04/30 21:32:51] 伊東アサハル: いや、あんまり困っている問題を解決すること=ビジネス、みたいな、枠で理解しようとすることはしないほうがいいです。

[2018/04/30 21:33:28] 伊東アサハル: たとえば、アーティストのライブとかって立派なビジネスですが、なくても誰も困りませんよね、生きていけますし。

[2018/04/30 21:34:53] Y M: そうなんですよ。
そこが矛盾しているなと疑問に思っていました。

アーティストも立派なビジネスですので、そのようなビジネスをやりたいなぁと思っています。

[2018/04/30 21:36:07] Y M: アーティストや芸術家(?)は、自分が好きなことで生計を立てることができているので、どうやったらそのような生き方ができるんだろう?

[2018/04/30 21:36:51] Y M: そのような生き方ができたいいな・・・と思っています。

[2018/04/30 21:38:10] Y M: 問題を解決することをビジネスにしたほうがいいとおっしゃる方はたくさんいますが、あまりピンとこないというか、イメージがわかないというか、モチベーションがあがらないんですよね。。。

[2018/04/30 21:40:50] 伊東アサハル: >そのような生き方ができたいいな・・・と思っています。

まず、ビジネスをきちんと「ビジネス」と捉えることが大事ですね。
つまりは現実を見て、魔法的なものなんてなくて、地味なことをコツコツやることを覚悟するというか、楽しむというか、そういう心構えでいたほうがいいです。

[2018/04/30 21:42:48] 伊東アサハル: あえて厳しいことを言いますが、「できたらいいな……」程度だと叶えられる人は正直ほとんどいないです。

僕も「会社辞めたいな……」と思ってたときはずっと辞められませんでしたが、「辞める!」と決めてからは割と早く辞められたので、まずはそういう気持ちを持つというか、もう未来を決めてしまう感じですね。

[2018/04/30 21:43:55] Y M: なるほど。
アーティストをビジネスにする!
と決めるというイメージでしょうか?

[2018/04/30 21:44:58] 伊東アサハル: そのうえで、現実的な手段が必要になってきます。

僕が挙げたような心構えがないと、現実的な手段を聞いたとしても、他にもっとラクな方法や一発逆転はないのか、みたいな、感情だけで希望的観測を持ってしまって、前に進まなくなっちゃうので。

[2018/04/30 21:45:42 | 21:45:57を編集しました] 伊東アサハル:

>なるほど。
アーティストをビジネスにする!
と決めるというイメージでしょうか?

ゴールを決めるイメージですね。
ゴールを決めたら、方法は何でもいいので。

YMさんにとってはアーティストをビジネスにするのが、ゴールなんですか?

[2018/04/30 21:51:12] Y M: アーティストとはちょっと違うと思いますが、文章で表現するのが好きなので、創作家として生計を立てるのがゴールです。自分の考えや価値観を文章で表現して収入に結び付けるイメージです。

ただ、作家になりたい人はたくさんいますので、どうやって収入に結び付ければいいんだろう? ブログを始めるにしてもテーマをどうやって決めればいいんだろう? という部分で悩んでいます。

[2018/04/30 21:53:12] Y M: 今は、セールスコピーライターという仕事が需要?があって単価が高いようですが、実際はどうでしょうか?

[2018/04/30 21:54:42] 伊東アサハル: セールスコピーライターは、売れる文章が書ける人(つまりは、売れる心理の流れが理解できる人)なので、いつの時代でも需要がありますし、実績が付いていけば莫大な収入を得ることもできますよ。それこそ1日で数千万から億単位の収入を得る人だっています。

[2018/04/30 21:55:40] Y M: セールスコピーライターを名乗っている人は増えているかと思いますが、実際に稼げている人(月50万以上)は少ないのでしょうか?

[2018/04/30 21:59:01] 伊東アサハル: 僕もセールスコピーライターの全ての人と知り合いな訳ではないので、実情までは分からないので、何とも言えないです。が、月収50万云々ではなく、そもそも書ける人が少ないかと思います。

ビジネス的に長期で挑戦しがいのある分野ではあります。

[2018/04/30 21:59:34] 伊東アサハル: ちなみに、そんなことを聞いてどうするつもりなのでしょうか??

[2018/04/30 22:00:05] Y M: 参考までにお聞きしました。

[2018/04/30 22:02:29] 伊東アサハル: これはいじわるで聞いているわけではないのですが、何の参考なのでしょうか?

[2018/04/30 22:04:58] Y M: 作家として生計を立てるのはゴールですが、文章を使った仕事で収入を得るための手段として、セールスコピーライターの仕事をするのも視野の1つの入れたほうがいいかなと思いましたので、お聞きしました。

[2018/04/30 22:07:57] 伊東アサハル: なるほど、そういうことでしたか。

セールスライターも作家も、お客さんを意図した心理に誘導するスキルが必要なので、共通するところはあるかもしれませんね。(僕はまだ両方違うスキルが必要だなと感じていますが)

[2018/04/30 22:08:23] Y M: 両方違うスキルとは何でしょうか?

[2018/04/30 22:09:16] 伊東アサハル: >アーティストとはちょっと違うと思いますが、文章で表現するのが好きなので、創作家として生計を立てるのがゴールです。

自分の考えや価値観を文章で表現して収入に結び付けるイメージです。セールスライターは自分の考えや価値観を表現するわけではない、というのがまず大きく違うところですね。

[2018/04/30 22:10:31] Y M: はい。

[2018/04/30 22:10:48] 伊東アサハル: あと、お客さんを楽しませる文章と、お客さんが買いたくなる文章は違うので、そこも全然書くことが違ってきます。

[2018/04/30 22:11:06] Y M: 確かに、そうですね。。

[2018/04/30 22:12:04] 伊東アサハル: 本でたとえるなら、本の中身が作家の仕事で、本の中身を読んでみたいと思わせる文章を書く人は、セールスライターですね。

[2018/04/30 22:12:15] Y M: なるほど。わかりやすいです。

[2018/04/30 22:12:31] Y M: だとしたら本音は、本の中身を書きたいです。

[2018/04/30 22:13:09] Y M: 中身を読んでみたいと思わせる文章を書くこともできたら鬼に金棒かもしれませんが。

[2018/04/30 22:14:26] 伊東アサハル: >中身を読んでみたいと思わせる文章を書くこともできたら鬼に金棒かもしれませんが。

作家になる段階ではこれも必要ですね。

たとえば、出版社に持ち込み(今はほとんどデータだと思いますが)するときも、あらすじを書いたりしないといけないわけですが、そこで面白そうと思ってもらえないと、まず中身をまともに読んで貰えないので。

[2018/04/30 22:15:02] Y M: ということは両方のスキルが必要になりますね?

[2018/04/30 22:15:21] 伊東アサハル: そうですね!

あとはそもそも、あらすじが面白い=中身も面白い、わけじゃないですが、あらすじが面白くない作品は大体中身も面白くない、というのもあります笑。

[2018/04/30 22:15:40] Y M: わかります!

[2018/04/30 22:17:19] 伊東アサハル: ここまでYMさんの話を聞いた感じですと、もうブログとかをやるのではなくて、普通に作品を書いて出版社に応募したり、あるいは小説投稿サイトに投稿したり、創作活動をしていったほうがいいんじゃないかなと思いました。

[2018/04/30 22:18:15] 伊東アサハル: 正直、YMさん個人の考えやオピニオン系の発信をしていったとしても、それが誰かの役に立ったり、あるいは面白いって思ってもらえないと、全くビジネスになったりしないんですよ(笑)

[2018/04/30 22:19:31] 伊東アサハル: これはYMさんだけの話じゃなくて、芸能人とか、ある程度既に固定ファンがいる人じゃないと、自分の好きなことを書いても読んでくれる人なんてほぼまともにいないです。

[2018/04/30 22:20:24] 伊東アサハル: 僕も自分の考え、みたいな記事をブログに書いたこともありますが、ハッキリ言ってほぼ読まれてないです(笑)だってほとんどの人は興味がないから、ですね。

[2018/04/30 22:23:05] Y M: やはりそうなんですね。。。

作家になりたい人はごまんといますので、生活の心配がなければ創作活動に集中できますが、そうはいかないですから。。

成功されているブロガーさんは自分のライフスタイルを発信する生計をたてているようにみえますが、実際は違うのでしょうか?

[2018/04/30 22:23:57] Y M: 作家もそうですが、ブロガーさんも自分の考え、価値観を表現しているように見えましたので。

[2018/04/30 22:25:57] 伊東アサハル: もちろん、その通りですけど、それ「だけ」じゃダメ、ってことですね。

ブロガーで成功している人のほとんどって、基本的にはアドセンスとアフィリエイトなんですよ。(簡単に言うと広告収入で、たくさんのアクセス(読む人がたくさんいるから)があるから収益になっている)

[2018/04/30 22:27:19] 伊東アサハル: 彼らは好き勝手書いているように見えても(もちろん好き勝手に書いたなーってだけの記事もありますが)、成功している人はきちんと需要を満たしています。

たとえば、これまで読んだ漫画のおすすめを紹介している人は、「漫画 おすすめ」で検索する人の需要を意識して書いているわけなんですね。

[2018/04/30 22:29:02] Y M: なるほど。。。アクセスを得るために多くの人が興味を持つテーマを発信しているということでしょうか。今まで読んだ漫画のレビューでも、戦略を立ててやっているということですね?

[2018/04/30 22:30:13] Y M: 需要を満たすために検索して、それに沿ったテーマを選んで書いていると認識してよろしいでしょうか?

[2018/04/30 22:30:41] 伊東アサハル: そういうことですね!

[2018/04/30 22:34:05] 伊東アサハル: 他になにか気になっていることってありますか? 聞きたいこととか?

[2018/04/30 22:34:39] Y M: 事前の質問事項でいくつか記入したかと存じますが、

[2018/04/30 22:35:50] Y M: こちらでは記入した事項のコピー(控え)がないので、質問事項の内容を転送していただいてもよろしいでしょうか?

[2018/04/30 22:36:18] 伊東アサハル: >好きなことを仕事にしたいが、どうやって仕事にして収入に結び付ければいいか分からない。
(例えば、、、アロマに興味を持っているが、まずは資格をとるために勉強したほうがいいのか?
だが、医師や弁護士のように資格が必ず必要な類のものではないうえに、資格をとったから収入になるわけではない。
それ以前に、アロマについて勉強したとして、どうやってビジネスに取り入れるのか?)

また、好きなことをやるなら仕事になるやり方でやりたいが、何から始めればいいか分からない。
私も創作物が好きなので、無から有を生み出す創作活動をビジネスの1つにできたらいいな・・・と考えているが、どうやってビジネスに結びつければいいか分からない。

・ブロガーとして自分の価値観やライフスタイルを自由に表現できたらいいな・・・と考えているが、何から始めればいいか分からない。

思いついたことをあれこれ書いていてはビジネスにつながらないので、表現したいテーマ(自分のコンセプト)を決めてからブロガーとして活動したいなと思っているが、どうやってテーマ(コンセプト)を決めればいいか分からない。

・実は昨年11月に「仮面ブロガー」という教材を購入したが、アフィリエイトはあまり興味が持てない仕事だと分かった。そのため、教材自体に罪はないものの、購入したことを後悔した・・・。

だが、せっかく高い費用を払って購入しただけでなく、サポート体制が整っているのに、それを活用しないのはもったいない! ということで、元をとるためにもサポートを活用しないと・・・まずはやってみないと・・・と頭では考えているが、どうしてもモチベーションがあがらず、焦りの気持ちでいっぱいである。。。

[2018/04/30 22:37:02] Y M: ありがとうございます。

[2018/04/30 22:37:25] 伊東アサハル: 僕は、人が成功していくには大きく2パターンあると思っていまして、

[2018/04/30 22:39:36] 伊東アサハル: あ、ビジネスの成功の話ですね。

ひとつが、人を変えて成功していくパターン、つまり、自分自身を変化させて、お客さんに合わせて成功していくパターン。

もうひとつが、自分はあまり変えずに、手段だけを変えて成功するパターンです。

[2018/04/30 22:40:57] 伊東アサハル: なにが言いたいのかというと、話を聞いた限り、YMさんは後者なのかなーと僕は思っています。だからあんまりビジネスをやる、っていうよりも、自分が面白い! と思う作品をつくることに熱を注いだ方が、上手くいくかはさておき、YMさん的に楽しいのではないかなと。

[2018/04/30 22:41:45] 伊東アサハル: 僕も作家を目指していますが、僕はどちらかというと、周りが面白いと思うだろう作品をつくって名を上げてから、自分が面白いと思う作品をつくっていこうと考えています(笑)

[2018/04/30 22:42:15] Y M: なるほど。。おっしゃる通り後者だと思います。

お客さんに合わせるよりも自分が面白い、楽しいと思うことをやりたいタイプです。

[2018/04/30 22:43:40] Y M: 僕も作家を目指していますが、僕はどちらかというと、周りが面白いと思うだろう作品をつくって名を上げてから、自分が面白いと思う作品をつくっていこうと考えています(笑)→
そのようにやりたいのでしょうか?そのほうが成功しやすいと考えて

[2018/04/30 22:43:55] Y M: それとも、そのほうが成功しやすいと考えいらっしゃるのでしょうか??

[2018/04/30 22:45:23] 伊東アサハル: 僕はやるからには成功したいので、どっちの意味でも、ですね(笑)

たとえば、入賞する作品とかって、分析してみるとパターンってあったりするんですよね。

もちろん、それで絶対入賞できる、とかはないですが、確率は上がると思って今も書いてます(笑)

[2018/04/30 22:47:47] Y M: 皆さんが求めている作品を書いたほうが読まれる確率は高いと思います。作家を目指されている中で、ブロガーを仕事にされた理由は何かありますか?

[2018/04/30 22:50:29] 伊東アサハル: 僕は作家を目指すよりも先に、ブロガーというか、情報ビジネスで割と自由時間の多い生活になれたんですね。(アサハルのブログ以外にも複数ブログを持っているので)

普通は会社員とかやりながら目指すものだと思いますが、僕はそれだと疲れすぎてて何もやる気が起きなかったので、好きなことをするために先に環境をつくって、時間ができたから好きなことをやっている感じです。

[2018/04/30 22:51:20] 伊東アサハル: あ、複数のブログを持っていると言っても、ほとんど外注化してしまっているので、僕のやる作業は確認程度のもので、2、3日にほんと10分程度です。

[2018/04/30 22:52:38] Y M: そうだったんですか。先に作家を目指されたわけではなかったのですね。。。
環境というのは、自由時間が多い環境という意味でしょうか?

[2018/04/30 22:52:45] 伊東アサハル: そうです!

[2018/04/30 22:53:02] Y M: ブログは、アドセンスとアフィリエトのブログでしょうか??

[2018/04/30 22:53:23] 伊東アサハル: そうですね!

[2018/04/30 22:53:28] Y M: 外注化というのは、コンテンツを外注化しているという意味でしょうか?

[2018/04/30 22:53:58] 伊東アサハル: コンテンツをつくる外注さん、コンテンツを確認してアップする外注さん、という風に分業してます。

[2018/04/30 22:54:40] 伊東アサハル: なんだろう、作家と編集者を同時に雇ってる、みたいな感じです

[2018/04/30 22:55:05] Y M: なるほど。。。アフィリエイトですが、情報商材(インフォトップなど)、FX、仮想通貨のようなものをアフィリエイトするイメージが強いのですが、物販のように他の商品もアフィリエイトされるのでしょうか?

[2018/04/30 22:55:41] 伊東アサハル: 僕は物販ですね! インフォトップ系はアサハルのブログでしか扱ってないです。

[2018/04/30 22:56:22] Y M: そうなんですね! アフィリエイトは情報商材が多いイメージがあったので、、、。

[2018/04/30 22:56:31] Y M: 最初の質問

[2018/04/30 22:57:29] Y M: ~>好きなことを仕事にしたいが、どうやって仕事にして収入に結び付ければいいか分からない。~

に対する回答は、

>>まず、「アロマに興味がある」だとターゲット(つまりお客さんになる人)がざっくりすぎるので、アロマでなにがしたい人に向けてアプローチするか、ハッキリさせたほうがいいですね。

たとえば、ただ単にいい匂いが好きなだけなのか、それともアロマを使った健康法に興味があるのか、とか
お客さんの知識レベルにもよりますが、なんとなくアロマに興味がある人たちが、検索するようなキーワードを使ってブログをつくり、そこに集まってきたお客さんたちに、アロマの効能とかを教えてあげて、こういう方にはこういうアロマがおすすめ! みたいな感じで、アロマの販売に繋げていくことはできますね

というように情報発信する方法がある。

[2018/04/30 22:58:25] Y M: でしょうか?

資格については、資格を取るかどうかは目的によって判断すればいいということですよね?

[2018/04/30 22:58:44] 伊東アサハル: おっしゃるとおりです!

[2018/04/30 22:59:16] 伊東アサハル: 一応、資格はブランディングにはなりますね、そういうのに憧れる人たちには効果があります。

[2018/04/30 23:00:03] Y M: 分かりました!

資格はアロマセラピストをやりたい人にとっては効果があるけれど、そこまで興味がない人には・・ですものね。。

~また、好きなことをやるなら仕事になるやり方でやりたいが、何から始めればいいか分からない。私も創作物が好きなので、無から有を生み出す創作活動をビジネスの1つにできたらいいな・・・と考えているが、どうやってビジネスに結びつければいいか分からない。~

に対する回答は、

[2018/04/30 23:00:57] Y M: ブログをやるよりも、自由に創作活動をすればいいのでは?

でしょうか

[2018/04/30 23:01:21] Y M: ?

[2018/04/30 23:01:43] 伊東アサハル: いや、ただ単にアロマが好きで、おすすめを教えて欲しい人にとっても、資格があると、何となく本物感が出るじゃないですか(笑)

だから、そういう意味でも、多少効果はあると思いますよ。

[2018/04/30 23:02:01] Y M: あ~!確かにそうですね!

[2018/04/30 23:04:54] Y M: 余談ですが、アロマのブログを調べると、ほとんどがアロマを使った仕事をされている方で、複数の団体から同じような資格が出ているので、いまいち違いが分からないんですよね(苦笑)

どうやって差別化するんだろう?と気になっていました。

[2018/04/30 23:05:37] 伊東アサハル: ブログをやるよりも、自由に創作活動をすればいいのでは?そうですね! 少なくとも僕はYMさんとのやり取りでそう感じました!

創作も難産になることもありますし、楽しいことばかりではない(と僕は思いますが)ですが、好きなことのほうが継続しやすいので、結果的に成功確率も上がるのではないかなと。

逆に言えば好きじゃなくても、考えて継続さえできれば成功できるので、どっちを取るかですね。

僕は考えて継続することを好きになることに、労力を使った感じですね(笑)

[2018/04/30 23:07:01] 伊東アサハル: >複数の団体から同じような資格が出ているので、いまいち違いが分からないんですよね(苦笑)どうやって差別化するんだろう?と気になっていました。

気にする人は一部の人だけだと思うので、資格で差別化する必要はないと僕は思いますね。

資格はあくまでも入り口でしかなくて、「あー、資格持ってるし、本物っぽいなー、ちょっと記事読んでみるか」って思ってもらうための武器のひとつなので。

[2018/04/30 23:07:16] Y M: そういう意味だったのですね! 分かりました。

[2018/04/30 23:07:40] Y M: 気にする人は一部だけなのですね。。私は資格の違いが気になりました(苦笑)

[2018/04/30 23:08:39] 伊東アサハル: 発信する側の視点を持つと、差別化とか意識して考えるのもわかりますが、普通の人は「この人はどうやって他と差別化してるんだろう……」なんて視点で見てませんからね(笑)

[2018/04/30 23:09:51] 伊東アサハル: なんとなく検索したり、なんとなく見ている人が大半なので、そういう人の無意識を最初は掴むことが肝心ですね。

[2018/04/30 23:11:50] Y M: そういうものなんですね。なんとなく検索したりすることがあまりないので、いつもどうやって差別化しているんだろう?と意識しながら深く読んでいました(笑)

無意識をつかむことが大事なのですね。。。

~ブロガーとして自分の価値観やライフスタイルを自由に表現できたらいいな・・・
と考えているが、何から始めればいいか分からない。
思いついたことをあれこれ書いていてはビジネスにつながらないので、
表現したいテーマ(自分のコンセプト)を決めてからブロガーとして活動したいなと思っているが、
どうやってテーマ(コンセプト)を決めればいいか分からない。~

これに対する回答はどの部分でしょうか?

今はブログをやられている作家やアーティストが多いので、ブログというメディアで情報発信することも必要かと思います。

ちなみに、アサハルさんは情報発信する場合、どのようにテーマを決められていますか?(アサハルさんのブログ)

[2018/04/30 23:15:50] 伊東アサハル: >ブログというメディアで情報発信することも必要かと思います。

最初は要らないんじゃないかなと思いました。

もちろんやってもいいんですし、プラスに転ぶこともあるとは思います。

たとえば、既にブログやSNSでファンができていれば、たとえ作品の面白さが及第点レベルでも、

[2018/04/30 23:16:17] 伊東アサハル: 「ファンが多そうだし売れそうだな」と出版社に思わせて、デビューが狙える可能性も上がるかもしれません。

[2018/04/30 23:18:11] Y M: ふと気になりましたが、ブロガーとして情報発信する場合と、作家としてブログで情報発信する場合の戦略(?)は違うのでしょうか?

[2018/04/30 23:19:02] Y M: 戦略=テーマやコンテンツ内容など。。
ブロガーと作家は似ている部分があると感じましたので質問しました。

[2018/04/30 23:19:33] 伊東アサハル: うーん、どういう結果を求めていたり、どうなっていきたいかによりますね。

[2018/04/30 23:19:45] 伊東アサハル: たとえば、
[2018/04/30 23:20:13] 伊東アサハル: 将来的に作家として、作家になりたい人のサポートをしたい場合、
[2018/04/30 23:20:26] 伊東アサハル: (これも十分需要のあるビジネスになります)
[2018/04/30 23:21:14 | 23:21:29を編集しました] 伊東アサハル: 自分が実際に作家になる前に、自分が作品を書くうえで気を付けていることや、コツとか、そういう作家になるうえでのアウトプットとして、ブログやSNSで発信してコンテンツを溜めていく。

[2018/04/30 23:21:57] 伊東アサハル: (プロの人の作品から勉強できたこととかでもいいですね)

[2018/04/30 23:22:57] 伊東アサハル: で、そうすると、この人頑張ってるなーとか、勉強になるなーって思ってくれる読者が増えてくるので、実際に自分が頑張って賞に出した様子とか、とにかく頑張っている様子を発信していく。

[2018/04/30 23:24:20] 伊東アサハル: で、実際プロになれました! とか、奨励賞取りました!

とか、なんでもいいので、何かしらの結果が出たときに、「講座やります!」みたいな企画を打ち出すと、「この人無料でここまで教えてくれたし、ぜひ参加したい、むしろ参加しないと申し訳ない!」みたいな人が出てくるので、楽しくやれそうですよね!

[2018/04/30 23:24:51] 伊東アサハル: これは、作家系のブログでマネタイズしていくひとつの手段ですよね。

[2018/04/30 23:25:35] 伊東アサハル: あと単純に自分の勉強にもなりますね。人に教えるときって、かなり高いレベルで理解していないとできないので。

[2018/04/30 23:26:25] Y M: その通りですね。。

その方法だと応援してくれる人(ファン)が増えて、いずれは宣伝になりますね!

[2018/04/30 23:27:43] 伊東アサハル: 理由は分からないんですけど、応援される人って成功する可能性ホント高いです。そういうところを目指していくと、自分も相手も幸せになれますね!

[2018/04/30 23:29:17] Y M: そうだと思います。ビジネスをやるにしても創作をやるにしても自分も相手も幸せになることをやりたいです。

[2018/04/30 23:30:29] 伊東アサハル: >アサハルさんは情報発信する場合、どのようにテーマを決められていますか?(アサハルさんのブログ)

あと、これも一応お答えさせていただくんですが、僕は最初何も考えずに発信してました。

で、パッと思い浮かんだ「ラクして稼ぎたい!」ってテーマを最初に設定してましたが、ラクして稼ぎたい人が集まってきて大変だったので(最終的にラクできても、最初はラクをするために苦労する期間が必要だよ! ってことを教えるのが結構大変でして)、今はやめて、ブログのヘッダーみたいなテーマにしました。

https://asaharuteam.com/

[2018/04/30 23:30:44] 伊東アサハル: つまり、
[2018/04/30 23:31:12] 伊東アサハル: 最初は「テーマなし」でやってましたね(笑)

 

[2018/04/30 23:31:21] Y M: あ、そうだったんですか。
ラクして稼ぎたいをテーマにされていたとは意外でした(笑)

[2018/04/30 23:31:25] Y M: 最初
[2018/04/30 23:31:49] Y M: ブロガーとして情報発信していくと決められて、
[2018/04/30 23:32:55] Y M: ブログのコンテンツを創るなどの仕事をされていたかと存じますが、それは楽しかったでしょうか?

[2018/04/30 23:33:22] Y M: モチベーションが上がらない時もあったかと存じますが、どのようにモチベーションをあげて(保ち)継続されたのでしょうか?
[2018/04/30 23:33:38] Y M: 継続できたコツを知りたいと思いましたので、質問しました。

[2018/04/30 23:36:28] 伊東アサハル: いや、正直楽しくはなかったですね(笑)

だってブログのノウハウとかテクニックとか、リサーチの仕方って決まっているので、正直誰がやっても大差ないですし、ちゃんとやればそれなりの成果って誰でも出せるんですよ、ちゃんとやれば。

けど、こういうことが必要なんだなって、理屈でも感覚でも分かっていたので、モチベに頼らずにやってましたね。

というか、やらないとモチベは上がらないので、一気にやる、というよりも、「とりあえず1文字書くか」みたいな、どう考えてもクリアできるハードルを設けて、まずは1文字書く。

そうすると、結局100文字くらいパパっとかけちゃって、気づけば1500~2000文字くらいは書けちゃうんですよね。それを繰り返してました。

[2018/04/30 23:37:58] Y M: やはり楽しくなかったのですね。。とりあえず1文字書くことを目標にして毎日書かれていたということでしょうか?

[2018/04/30 23:38:52] 伊東アサハル: そうですね!

[2018/04/30 23:39:12 | 23:39:25を編集しました] 伊東アサハル:> やはり楽しくなかったのですね。。

ただ、これは僕の仕事の取り組み方が間違ってたんだと、今は思います。

[2018/04/30 23:40:18] 伊東アサハル: 天職、って言葉があるじゃないですか、アレ、自分に合った職業のことだと思う人がほとんどだと思うんですけど、それは違くて、取り組み方の問題なんですよね。

[2018/04/30 23:40:52] 伊東アサハル: ちょっと後で書くんですが、お手洗いに行かせてください(笑)
2分くらいで戻ってくると思うので!

[2018/04/30 23:41:08] Y M: 大丈夫です!

[2018/04/30 23:42:59] 伊東アサハル: 戻りました!

[2018/04/30 23:44:20] 伊東アサハル: えっと、これは僕の考え方なので、別に押し付けるつもりではないのですが、楽しい仕事ってないと思うんですよ(笑)

ただ、楽しそうに仕事をする人がいるってだけで。

[2018/04/30 23:44:38] Y M: 取り組み方=気の持ちようということですね。。

[2018/04/30 23:44:57] 伊東アサハル: たとえば、僕は小説を読むのって好きなんですが、彼女からフラれたときに小説を読んでいても、全然楽しくなかったんですね(笑)

[2018/04/30 23:45:50] Y M: そのような思い出があったのですか。。

[2018/04/30 23:46:49] Y M: 悲しい気分で小説を読んでも楽しくないのはわかります(苦笑)

ちなみに、ブログを構築されてからどのぐらいでコンテンツの外注ができましたか?

[2018/04/30 23:48:38] 伊東アサハル: えっと、20記事くらい最初は自分で書いて、後は外注って感じのブログがひとつと、最初から外注オンリーのブログがひとつあります。

[2018/04/30 23:49:23] Y M: 最初から外注オンリーのブログもあるのですね!

[2018/04/30 23:50:51] 伊東アサハル: ブログを構築されてからどのぐらいでコンテンツの外注ができましたか?期間のことなのかな、と思って一瞬迷ったのですが、この答え方で良かったでしょうか?

[2018/04/30 23:51:19] Y M: >まず、ビジネスをきちんと「ビジネス」と捉えることが大事ですね。地味なことをコツコツやることを覚悟するというか、楽しむというか、そういう心構えでいたほうがいいです。

僕も「会社辞めたいな……」と思ってたときはずっと辞められませんでしたが、「辞める!」と決めてからは割と早く辞められたので、まずはそういう気持ちを持つというか、もう未来を決めてしまう感じ現実的な手段が必要になってきます。

現実的な手段が必要になってきます。

現実的な手段についてですが、

[2018/04/30 23:52:22] Y M: 作家やアーティストとして活動したいがゴールの場合、現実的な手段は、ブログで情報発信することよりも創作活動に集中する・・・ということでしょうか?

[2018/04/30 23:53:28] Y M: 期間についてお聞きしました。自分でブログを構築されてから、どのぐらいの期間で外注化を実現できましたか?

[2018/04/30 23:53:42] Y M: という意味で質問しましたが、分かりづらかったようで失礼いたしました。

[2018/04/30 23:56:39] 伊東アサハル: >作家やアーティストとして活動したいがゴールの場合、現実的な手段は、ブログで情報発信することよりも創作活動に集中する・・・

そうですね! そっちのほうがいいんじゃないかなと思いました!

仕事が忙しすぎてあまりにも時間が取れないなら、転職するか、ビジネスで自由時間をつくるのもアリですが、自由時間できると心に余裕ができるメリットと、ハングリー精神が失われるデメリットがあるので、YMさんの感じだと、ビジネスするよりも創作一点集中のほうが、かえって成果が出やすいかなと。

[2018/04/30 23:58:22] 伊東アサハル: 自分がつまらないと思うような仕事ずっとやってたら、「あーもう絶対作家になる!」って思える部分あると思うんですよ。

僕も会社が嫌すぎて、「絶対辞める!」って決めてビジネスしてた時は集中力というか、気迫が違った(と友人に言われた)ので(笑)

[2018/04/30 23:58:59] 伊東アサハル: そうなるとモチベがどうとか、そういう低レベルな次元で悩むことってなくなると思うんですよね。

[2018/05/01 0:01:43] 伊東アサハル: >自分でブログを構築されてから、どのぐらいの期間で外注化を実現できましたか?

3ヵ月~4ヵ月ですかね。

僕は一番最初にブログビジネスを始めて、3ヵ月くらいは自分で書いてて、稼げるコンテンツの作り方が分かってから、外注化にチャレンジしていったので。

ただ、かなり迷いながらというか遠回りしたので、ゼロからでも必死にやれば2~3週間でイケると思います。

[2018/05/01 0:01:52] Y M: なるほど。。。確かにモチベーションがどうのこうので悩むという時間がもったいないですよね!

創作活動をビジネス?にして収入を得ている人はいると思いますが、どうやって収入に結び付けている?どうやってビジネスにしている? 方法が分からなかったので悶々としていました。

[2018/05/01 0:02:31] Y M: あ、4ヶ月ほどで外注化を実現されたのですね! 思ったよりも短期間でしたので驚きました。

[2018/05/01 0:04:04] 伊東アサハル: >創作活動をビジネス?にして収入を得ている人はいると思いますが、
どうやって収入に結び付けている?どうやってビジネスにしている?方法が分からなかったので悶々としていました。

同人小説とか、二次小説とか、サークルみたいな感じで、そういうのをやってみるのはアリだと思いますよ!

[2018/05/01 0:05:16] 伊東アサハル: 自分でブログをつくって有料の小説を売る、とかだと、無名だと正直厳しいですね。

今はなろうとか、カクヨムとか、無料で投稿できて読める小説サイトがあるので、無名作家の有料小説なんて誰が読むんだ、ってところはあります。

[2018/05/01 0:05:58] Y M: 作家になりたい人が多いので、無料小説サイトが多いんですよね。。

そういえば、自費出版はしたけれど賞を取っていない方が文章スクールをやっている人がいました。それもビジネスの1つですよね?

[2018/05/01 0:06:33] 伊東アサハル: そうですね! それもビジネスですね!

[2018/05/01 0:08:11] 伊東アサハル: >作家になりたい人が多いので、無料小説サイトが多いんですよね。。

小説投稿サイトで名前を売っていく⇒同人小説、二次小説で売り上げを出す、って流れは割とアリなんじゃないかなと思います。

[2018/05/01 0:09:20] 伊東アサハル: まあ、劇的な効果を上げるには、投稿サイトで相当バズらないとですが、、

[2018/05/01 0:10:54] Y M: なるほど。。

小説を投稿(発表)したり作家自身を知ってもらうためのプロモーション的な位置づけとしてブログを活用するのは有効でしょうか?

[2018/05/01 0:14:06] 伊東アサハル: >小説を投稿(発表)したり作家自身を知ってもらうためのプロモーション的な位置づけとしてブログを活用するのは有効でしょうか?

もちろんですよ!

ただ、自分のことについてだけを書いていても、当然アクセスは集まってこないので、アクセスが集まるような役立ち系・面白系と掛け合わせる必要はありますね。

その点、僕がさっき挙げたような、作家になるための勉強系コンテンツをアップしていくのは、色々困りにくいとは思います。

[2018/05/01 0:14:40] Y M: そうですよね!

読んでいて面白いコンテンツなどをアップする必要があるんだろうなと感じました。

[2018/05/01 0:15:09] Y M: それに、今は賞をとることにこだわらなくても、創作で収入を得ている人はいるようです。(絵本の読み聞かせがきっかけで、絵本の創作を依頼された・企業の依頼で、ヒストリーを架空の物語にする等)。

[2018/05/01 0:16:59] 伊東アサハル: それもコンテンツにできますよね! 自分の作品を書きたい人に、色んな道を示せるようなブログなら、十分な価値提供になります!

[2018/05/01 0:17:34] 伊東アサハル: 僕は知らなかったので、聞いて「おお!」ってなりましたもん。

[2018/05/01 0:18:23] Y M: これも価値として提供できるのですね! 目から鱗でした。

ブロガーでも作家でも、長期的に見てアクセスが集まるコンテンツ=役に立つコンテンツや楽しめるコンテンツを提供する必要があるのは共通していると考えてよろしいでしょうか??

[2018/05/01 0:18:49] 伊東アサハル: その考え方でOKですよ!

[2018/05/01 0:19:12] Y M: 分かりました!

[2018/05/01 0:19:49] 伊東アサハル: 両方あるとなお良いですね! 勉強にもなるし、読んでて面白い、みたいな!

僕もどうやったらビジネスを楽しくやれるようにならないかな、ってのを考えて今コンテンツをつくっています。

[2018/05/01 0:20:50] 伊東アサハル: 面白いと心に残るので、心に残ると勉強になったことも忘れないんですよね!

さっきYMさんに聞いた、作家のこういう道もある的な話は、面白かったのでもう忘れないと思います。

[2018/05/01 0:21:28] 伊東アサハル: あ、大丈夫だとは思うんですけど一応、面白いって笑えるだけが全てじゃないですからね!

[2018/05/01 0:21:57] Y M: そうなんですか~!

確かに、楽しみながら学べる教材のようなブログ・・・があったら印象に残りますよね! せっかくなら楽しくやりたいですもの。

[2018/05/01 0:22:18] 伊東アサハル: 面白い、というか、新たな発見ができる感じですね。「あ、そういう考え方もあるのか!」とか、「あ、なるほどなー」みたいな、そういう感じ。

[2018/05/01 0:22:18] Y M: 「面白い」の意味は理解していますので大丈夫ですよ(笑)

[2018/05/01 0:22:52] Y M: 分かります!新たな知識を得たり知らなかったことを知ると面白いですよね!

[2018/05/01 0:23:29] Y M: おかげさまで、お聞きしたいことや疑問点はクリアになりました!

[2018/05/01 0:24:46] Y M: まずは創作活動に集中 + ブログで情報発信するなら楽しくてためになるコンテンツを発信してみる

[2018/05/01 0:24:50] Y M: ことですね!

[2018/05/01 0:25:09] Y M: テーマとか難しく考える必要はなかったのですね。。

[2018/05/01 0:26:18] 伊東アサハル: それは良かったです! おっしゃるとおりですね!

YMさんの場合は、ベースは作家一点集中で、勉強になったこととか心に残ったこととかを、こう、ブログに書いていくと、さらに自分の勉強にもなるのでいい感じですね!

作品づくりをしていて、疲れたときにブログを書くとか(笑)、文章を書くことで疲れたなら、文章を書くことで癒されるような循環ができると最強です!

[2018/05/01 0:28:47] Y M: 上記のやり方のほうが、楽しみながら(モチベーションに悩むことなく)創作活動&ブログができそうです! ブログのアクセスによっては副収入が得られるというメリットもあるかと。

[2018/05/01 0:31:16] 伊東アサハル: ですね! アドセンス貼っておくだけでも、数千円~数万円の収入には十分なると思います。広告の効率の良い配置も僕は分かるので、良かったらまたブログができたときにご連絡ください!

[2018/05/01 0:31:52] Y M: ありがとうございます! その時はまた相談させていただければと存じます。

最後の質問ですが、アサハルさんは独学でブログを勉強されたのでしょうか?

[2018/05/01 0:32:02] Y M: それとも、どなたかに教わったのでしょうか??

[2018/05/01 0:32:05] 伊東アサハル: 僕は基本的には有料ブログをオススメしているんですが、YMさんの場合は、はてなブログとか(規約とかは調べて欲しいのですが)、アドセンスが貼れるような無料ブログが良いと思います。

[2018/05/01 0:32:47] Y M: あ、そうなんですね!

ブログをやるなら有料ブログでやろうと思っていました。無料ブログだと何かと弊害があるとお聞きしましたので。。。

[2018/05/01 0:33:32] 伊東アサハル: あ、もちろんやれるなら有料のほうが、突然削除されたりするリスクはないので、有料のほうがいいですよ!

[2018/05/01 0:34:48] Y M: 今は無料ブログですと削除などのリスクが高いようですね。。

ワードプレスでの作成がトレンドらしいですが、実際はどうでしょうか?

[2018/05/01 0:35:21] 伊東アサハル: ワードプレス一択で問題ありません!

[2018/05/01 0:35:33] Y M: そうなんですね!

[2018/05/01 0:36:08] Y M: サーバーはexがいいとお聞きしましたが、アサハルさんはどのサーバーを使用されていますか? 差し支えなければ。。。

[2018/05/01 0:36:29] 伊東アサハル: その辺りは僕のこちらの記事に書きましたので、ご覧いただければ!↓

[2018/05/01 0:36:54] Y M: 拝読いたします!

[2018/05/01 0:37:01] Y M: アサハルさん、

[2018/05/01 0:37:36] Y M: 長時間にわたってスカイプの相談にのっていただき、ありがとうございました!

おかげさまで、とても勉強になりましたし、解決の糸道が見えてきました!

[2018/05/01 0:38:25] Y M: 長時間のチャット入力は大変だったと思いますし、恐縮です。。。

[2018/05/01 0:39:02] 伊東アサハル: いえいえ!

チャットはログが残るので、僕も今後チャットが苦じゃない人となら、チャットでやろうかなーとか思いました(笑)

[2018/05/01 0:39:34] 伊東アサハル: 僕もこうしてYMさんに話すことでめちゃめちゃ勉強になっているので、こちらこそありがとうございます!

[2018/05/01 0:39:34] Y M: それを伺い、安心いたしました(^^)

[2018/05/01 0:39:44] Y M: そういっていただけると嬉しいです!

[2018/05/01 0:39:53] Y M: 思い切って無料相談企画に申し込んでよかったです。。。

[2018/05/01 0:41:23] 伊東アサハル: そう言って頂けて僕もホッとしました。

今のところ無料相談企画満足度100%です(笑)

あ、あと最後に、有料ブログの初期費用なんですが、こちらの方法で簡単に稼ぐことができますのでおススメです!(既にご存知だったらご了承ください)↓

[2018/05/01 0:42:37] Y M: 情報をいただき、ありがとうございます!

スマホの自己アフィリエイトは存じ上げませんでしたので、勉強になりました~!

[2018/05/01 0:44:42] 伊東アサハル: スマホの、というか普通に自己アフィリなんですけどね(笑)

あともういっこすみません、今日のやり取りって、将来どう進もうとか、迷っている他の方にとっても、すごい勉強になるんじゃないかと思ったんです。

なので、個人名が特定できないように、Y.Mさんという名前で、ブログとかで公開しても大丈夫でしょうか?

[2018/05/01 0:46:15] Y M: はい!

[2018/05/01 0:47:05] Y M: 私と同じように悩んでいる方は多いと思いますので。。。(苦笑)

[2018/05/01 0:47:44] 伊東アサハル: 快く協力頂いてありがとうございます!!

[2018/05/01 0:48:21] Y M: いえいえ~!

無料で相談に乗っていただきましたので、せめてものお礼です^^

[2018/05/01 0:50:29] 伊東アサハル: 本当に長い間ありがとうございました! 喜んで頂けたようで僕としても何よりです!

YMさんのブログ&作品、僕も楽しみにしていますね!
あ、僕が書けたのも良かったら読んでください(笑)

それでは、今日はお疲れ様でした!
ゆっくり休んでもらえたらと思います^^

[2018/05/01 0:52:42] Y M: ありがとうございます!
アサハルさんの作品も拝見いたします!
アサハルさんもゆっくりお休みになられてくださいね^^

それでは、、、
失礼いたします。

[2018/05/01 0:54:05] 伊東アサハル: >本当に長い間ありがとうございました!
あ、悪い意味ではなくて、僕としては割と一瞬だったんですけど、実際きっとYMさんも大変だったよね! 申し込むときにもきっと勇気が必要だっただろうし! という意味で言いました!
そこだけ誤解されたくなかったので(笑)

[2018/05/01 0:55:28] Y M: お気遣いいただき、ありがとうございます!
悪い意味でとらえていなかったので大丈夫ですよ^^

[2018/05/01 0:56:58] 伊東アサハル: それは良かったです(笑)
お付き合いいただきありがとうございました!

今度こそお休みください。特に返信は不要ですのでー
ありがとうございました!

 

追加の答え

YMさん、すみません。

僕聞かれた質問に対して2つほど

完全にスルーしていましたね。

 

なのでこの場を借りて、

ここでお答えさせて頂こうと思います。

 

>需要というと、目に見えない分野(スピリチュアルなど)は需要がありますよね?
ですが競合が多いと思います。どうやって差別化を図ればいいんだろう?と気になっています。

 

スピリチュアルに関しては

僕が全然詳しくないのと、

リサーチをせずにお話しするので

参考程度にして欲しいですが、

情報発信者の理念やプロフィールで

差別化を図ると良いと思います。

 

スピリチュアルって自分で勝手に新しい概念を

生み出しちゃっても良いものなのかどうなのか、

(良いような気もしているんですが)

今の僕のスピリチュアル知識では、

突っ込んだ話ができないので申し訳ないです。

 

いきなり差別化どうこうよりも、

まずはリサーチですね。

 

どういうお客さんを集めたくて、

どうやったら集まりそうか、

見込み客が魅力的に思うものを知って、

それを媒体に散りばめて人を集めて、

集まった人に企画を打ち出していく。

 

お客さんのことを良く知らずに差別化しても、

それは自己満で終わる可能性大なので、

とにもかくにもまずリサーチ必須です。

 

 

独学でしたか? それとも誰かに教わってましたか?

 

情報発信の専門家に教わっていました。

 

ただ、

最初のほうの僕は変に自信があって、

我が出てしまったところもあり、

教わった通りにできずに

結果が出るまで遠回りしたところもあります。

 

最初は我流よりも正しい知識を付けて、

上手くいっている人の真似から入ることが、

余計な道を進まずに済むコツです。

 

あとがき

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

僕にとって(ネット)ビジネスは、

自由に自分らしく生きるための

手段のひとつでしかない、と思っています。

 

したがって、今回のYMさんのように、

やりたいこともハッキリしていて、

かつそれがやれない状況でもないのなら、

脇に逸れずに一転集中したほうが良いと考えています。

 

要は無目的にビジネスにこだわる必要はない、

ということが伝わっていればいいなと。

 

(もちろん、将来はひとまず無目的でも、

お金を稼ぐ手段としてビジネスを選ぶのは、

賢い選択だと思いますが)

 

僕は自分の作品を世に出したい、

という思いもありますが、

本業のかたわら執筆に集中することが

どうしてもできませんでした。

 

だからまずは集中できる環境をつくろう! と思って、

なるべく苦痛な労働をしなくてもいいように、

収益を自動化する手段を見つけて取り組みました。

 

もしそういった手段に興味があれば、

下記のメールフォームから登録してみてください。

無料で読めます。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――