どうも、アサハルです。

 

今回は社会人経験とは何なのかについて、

色々とお話ししていきます。

 

今までいろんな人を見てきて、

社会人経験について

個人的に思うところもあるので、

一般的な解説のほかに僕の意見も述べていきたいと思います。

 

社会人経験とは?意味は何なのか?

一般的には、

学校卒業後に就業経験があるかどうか

とされていますが、

明確な定義があるわけではありません。

 

正社員経験がない=社会人経験がない

と見なす企業もいまだに少なくないため、

新卒時以外で正社員の経験がないとなると、

選考で不利になることもあるでしょう。

 

ただ、たとえ正社員としての経験がなくとも、

これまでにアルバイトや

他に打ち込んできたことがあれば

社会人経験と見なされなくても

十分アピールポイントになるので、

面接や書類などできっちりアピールしておくほうが賢明です。

 

社会人経験の意味についてしっかり考えて欲しい

↑社会人経験について動画でも詳しくお話ししています。

 

 

「とりあえず社会人経験を積んでから考えてみる」

 

これは、

「自分のやりたいことが分からない」

「自分のやりたくないことが分からない」

そう言っていた僕の友人(以下Aくん)のセリフです。

 

Aくんはやることなすこと

そつなくこなせる万能型人間でしたが、

何でもこなせるがゆえに

特別やりたいことがない。

 

やりたくないと思えることも

そこまで思い浮かばない、

そういうタイプの悩みを抱えていました。

 

だからひとまず就職してから考える、

そう言ってAくんは深く考えずに

手ごろな企業の事務職に就職しました。

 

 

そして現在……

 

Aくんは僕が会社員だった頃のように、

毎日夜遅くまで残業して

飲み会で上司の愚痴を言い、

日々の疑問を押し殺しストレスに耐える生活を送っているそうです。

 

僕もAくんのことをあまり悪く言えません。

よく考えずに就職した結果

うつ病になっていますからね。

 

で、ここで僕が伝えたいことは、

社会人経験を積むため「だけ」に

就職することはやめたほうがいい

ということです。

 

もちろん、

現実的にお金を稼がなくては

いけないこともあるでしょう。

お金を稼ぐために就職という選択をとることを僕は否定しません。

 

実際に僕自身も習い事の費用を稼ぐために就職しましたから。

 

 

しかし、

社会人経験を積むため「だけ」に

就職してしまうと、

その多くはあなたにとって

さほどタメにならない経験を積んでしまいます。

 

一般的に言う社会人経験なんてものは、

就職した会社という狭すぎる

社会でしか通用しない経験だから

です。

 

確かに、就職しなければ

分からないことはたくさんあります。

外側から想像するのと、

実際に体験するのとでは違いますから。

 

組織とはどういうものなのか。

社内の人と気持ちよく仕事をするためには。

取引先とのやり取りで

気を付けるべきマナーは。

飲み会で注意したほうがいいポイントは(笑)

 

などなど。

 

 

ただ、会社でしか

学べないことがあることと、

あなたの人生が幸せなものになるかどうかはまた別の話です。

 

もちろん、

その会社があなたにとって

どうしても就職したい会社だったり、

その会社での仕事が

どうしてもやりたいことであれば、

迷わず希望する会社に就職するべきでしょう。

 

ただ、

もしもそうじゃないのであれば、

それはただただ無駄に疲労するだけだと僕は断言できます。

 

 

僕は今ネットビジネスという手段を使って

会社に頼らず自分の力で

お金を稼ぎ生活していますが、

自分の力で稼ぐことについて、

会社で経験したことは

ほぼ役に立っていません。

 

(強いて言えば会社員だった経験が

あるので辛さが分かることぐらい)

 

それもそのはず、

楽しくてラクな生活を毎日送りたい、

好きな時に好きなシゴトをして

時間に縛られたくない、

そんな僕の欲求を満たす要素は会社員生活にどこにもないからです。

 

「社会人経験を積んでから

起業したほうがいいよ!」

なんていう人もたまにいますが、

やってることが全然違うのでただ遠回りなだけです。

 

サッカー選手になりたいのに、

野球選手になるための練習を

積まされてるのと同じです。

ベースも何もないゼロの状態から、

方向性の違うことをやっても無駄が多いだけです。

 

 

それに社会人経験なんてものは、

こう言ってはなんですが、

社会を形成している人によって

ピンからキリまで属性や質が変わってきます。

 

社会=その社会の中で生活している人

によってできているものなので、

 

俗に言うオタクっぽい人が多ければ

オタク社会の経験が積めるし、

 

言葉遣いが乱暴で

ヤンキーみたいな人が多ければ

ヤンキー社会の経験が積めるし、

 

サラリーマンが多ければ

バリバリサラリーマン社会の経験を

積めるってことです。

 

僕がいま所属している

ネットビジネスのコミュニティでは、

自分の理想の生活を追い求めるために

頑張っている人の社会ができています。

(全てのビジネスコミュニティがそうとは限りませんが)

 

だから、

あなたがなりたい人物像が属している社会や、

あなたが経験してみたい社会以外で

経験を積んだところで、

幸せな人生を送ることに観点を置くと

遠回りになるケースがほとんどなんです。

 

 

この記事を読んでくれているあなたには、

「社会人経験を積んだほうがいい」

なんてテキトーなアドバイスを真に受けて、

僕と同じようにテキトーに就職して

後悔して欲しくありません。

 

長い人生において、

自分のやりたいこと

(やり続けたいこと)は何なのか、

自分のやりたくないこと

(やり続けたくないこと)は何なのか。

 

直感でも構いません。

素直になって考えてみてください。

 

そしてそれを満たすためには

どんな手段があるのかを知って、

行動を積み重ねるほうが

確実に毎日を楽しいものにしていけます。

 

 

なんだか結局、

いつも僕が話している

「とにかく素直になろうよ!」

ってところに落ち着いちゃいましたが、

 

僕は人一倍素直じゃないせいで

余計にダメージを負ってきたので、

そういう人が1人でも減ってくれたらと思い書いてみました。

 

まとめ

世間一般では多くの場合、

社会人経験=正社員で働いた経験

となっていますが、

そんな定義とあなたの幸せは必ずしも直結しないかもしれません。

 

あなたの人生はあなたのものですから、

自分がしたい経験をしたり

飛び込んでみたい環境に入っていけば、

わざわざ社会人経験を積むためだけに

躍起にならなくても、

あなただけの人生に必要な質の高い経験値が勝手に蓄えられていきます。

 

一回きりの人生、自分の思うように生きていいんです。

 

この世に蔓延る、

『社会人経験を積んだほうがいい呪縛』

は徹底的に無視して、

あなた自身の本音と向き合い行動したほうが、

必ず幸せに近づいていくと僕は断言します。

 

 

P.S.

僕が会社員生活を抜け出して、

当時と比べ物にならないくらい

自由な生活を手に入れた方法は、

こちらで詳しく話しています。

 

 

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――