どうもアサハルです。

 

今回はブログアフィリエイトや

サイトアフィリエイトなど、

検索エンジンからの集客を必要とする

ネットビジネスをやるうえで欠かせない

SEOについての入門編解説です。

 

SEOという言葉を聞いたことがない、

初心者の方向けにゼロから解説していきます。

 

この段階では、

軽くでいいのでSEOについて、

何となく理解してもらえればOKです。

 

 

GHQとかWHOとか、

社会で習うような英語3字を覚えるのは

超苦手だった僕ですが、

SEOはネットビジネスをやっていくうちに

自然と身についていきました。笑

 

 

ネットビジネスをやってれば、

SEOはいつの間にか覚えているものなので、

あんまり多くを暗記的に覚えようとしないで

僕の記事を読んでみてください。

 

ではでは前置きはこの辺にして、

SEOについてゼロから説明していきますね。

 

SEOとは?

↑動画でも分かりやすく説明しています。

 

 

SEOとは、

Search・Engine・Optimization

(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)

のそれぞれ頭文字をとった略語です。

日本語で「検索エンジン最適化」と言います。

 

 

検索エンジン最適化とは何なのかというと、

 

検索者がインターネットで検索して、

知りたい内容にいかに早く、

(あるいはネット上で行いたいこと)

たどり着けるようにすること

 

です。

 

 

例えば、運動をせずに、

食事でダイエットをしたい人の場合、

 

「ダイエット 食事 方法」

「ダイエット 運動以外」

「ダイエット 食べ物 種類」

「ダイエット 料理」

 

他にもたくさんありますが、

こんな感じで検索するかと思います。

 

SEO 初心者

 

実際に、

「ダイエット 運動以外」で

検索してみましたが、

運動をしないダイエット方法が

検索結果に出てきましたね。

 

 

今度は同じように、

アマゾンで北斗の拳の漫画を買いたい人

という設定で、

「北斗の拳 漫画 アマゾン」

で検索してみたいと思います。

 

SEO 初心者

 

北斗の拳の漫画のアマゾン販売ページが、

検索結果の上位に表示されていますよね。

 

 

これがSEO(検索エンジン最適化)です。

 

 

先のダイエットで言えば、

運動以外のダイエット方法の情報を

早く知ることができる。

(検索して一番目二番目に知りたい情報が

載っているページが表示されている)

 

北斗の拳で言えば、

すぐに北斗の拳の漫画がAmazonで

買えるようになっています。

(検索して一番上がAmazonの販売ページ)

 

 

知りたい内容や、やりたい事が、

上位表示されていますよね。

 

 

ちなみに北斗の拳の

検索結果画像の一番上は

PPC広告と言います。

 

グーグルさんにお金を払って、

検索結果の上や下に広告を載せてもらう手法です。

 

(画像ではアマゾンがグーグルにお金を払って

広告を掲載してもらっていることが分かります)

 

 

PPCについては、

取り扱うジャンルにもよりますが、

基本的に結構な費用がかかるので、

知識や確実な狙いもない状態で手を出すと

普通に赤字になる可能性大です。

 

それにお金を払って検索結果よりも

上位に表示する方法なので、

今回お話しするSEOとは

完全に趣旨がズレることもあるため、

ここでは詳しく解説しません。

 

 

話をSEOに戻しまして、

例で紹介した通りSEOとはすなわち、

 

検索者がインターネットで検索して、

知りたい内容にいかに早く

(あるいはネット上で行いたいこと)

たどり着けるようにすること

 

 

これなんです。

これがSEOの根底にあるものです。

重要なことなので二回言いました。

 

 

SEOには諸説色々あったり

グーグルのアルゴリズムがどうのこうの

色んな人が言っていたりしますが、

本質的には検索者のニーズ(需要)を

しっかり満たしてあげる、

ブログや記事をつくることが最重要項目です。

 

 

小手先のテクニックはあくまでもその先にあるものです。

 

 

検索者が求めていることを

提供できないブログや記事では、

仮に上位表示することができたとしても、一時的で終わります。

 

グーグルもそこまでバカじゃないので、

役に立たないブログや記事はすぐに排除する動きを取ります。

 

 

僕はSEOに関しては有料教材を購入したり、

教材に実際に書いてあることを実践したり、

複数サイトを使って実践内容を変えて、

いくつか実験したりしました。

 

結果は思った通りで、

やはり検索者が求めていることを、

しっかりと提供してあげることが最重要でした。

 

 

検索者のニーズを満たすことを

前提にしていないと、

小手先のSEOテクニックは、

その効果を上手く発揮できません。

 

逆に言うと、

しっかりとした内容のブログや記事を

作成することができさえすれば、

SEOのテクニックの要素を

組み合わせることで、

非常に強力に働いてくれます。

 

 

SEO

 

こちらは僕が現在運営している

某ゲーム攻略サイトの検索順位ですが、

(画像が小さいと思いますが

クリックで拡大できます)

 

「ゲーム名 攻略」という

主要検索キーワードで検索順位1位。

その他のキーワードも大体検索順位で

上位表示できています。

 

(リセマラについてはライバルサイトが

小手先のテクニックで上位を取っていますが、

僕の記事が検索順位を追い抜くと思いますので

とりあえず放っといてます)

 

 

検索者の需要を満たすことが前提で

テクニックは有効になると言いましたが、

このゲーム攻略サイトについては、

実はテクニック的なものはそこまで使っていません。

 

面白かったり、役に立つ記事を書いているからこその結果です。

 

 

SEOの根底をしっかり満たしているから、

長い間検索順位1位を保つことができています。

 

(ライバルのSEOがしっかりしてなさすぎるのもあります)

 

 

僕がこんなにも、

くどくど同じことを話しているのは、

コンテンツの中身(ブログ記事の内容)を

検索エンジンが重要視するようになってきているからです。

 

 

昔はただ記事数が多いとか、

ただ被リンクが多いとか、

ただSNSのシェアが多いとか、

そういう時代もありましたが

そんな時代はとっくに終わっています。

 

 

そして二度と単一的な時代に戻ることはないでしょう。

 

 

だからちゃんとした内容を

まずはユーザーに届けましょうねということです。

 

そこはサボるべき箇所じゃありません。

 

SEOをなぜする必要があるのか

SEOについて一番重要なことを

分かってもらえたところで、

次になぜSEOが必要なのかを解説していきます。

 

 

これについての理由は簡単で、

 

多くの人が、

検索結果の1ページ目に表示されている、

ブログやサイトしか見ないからです。

 

 

3ページ目以降となると、

暇つぶしでネットサーフィンを

やっている人でもごく少数しか見ません。

(検索者の全体の15~20%と言われています)

 

 

特に何かを解決したい系の

検索キーワードの場合。

(「キッチン 油汚れ 取り方」みたいな)

 

 

解決できる情報が見つかれば

それ以降は基本調べませんから、

検索結果の2ページ目3ページ目だと

さらにブログ記事を見てもらえる確率は下がります。

 

 

 

「名探偵コナン 真犯人 誰」など、

詳しく知りたい系の情報や

悩みが深いものに関しては、

3ページ4ページと読んで

もらえるものもありますが、

やはり1ページ目が一番読まれます。

 

内部SEOと外部SEOについて

SEOには大きく分けて、

内部SEOと外部SEOがあります。

最後にこれについてさらっと説明して、

SEOの入門編解説については終わりにします。

 

 

まず内部SEOとは、読んで字の如く、

内部の検索エンジン最適化のこと。

 

つまりは自分でSEOを施すことができます。

 

・ブログ記事の品質(検索者の需要を満たしているか)
・記事タイトルの最適化
・キーワードの出現頻度
・見出しタグの最適化
・ユーザビリティ(知りたい情報をすぐに見つけられるか)
・ブログが早く開けるか(ブログの動作が軽い)
・ブログ自体の構造

 

ざっと挙げると

これらの要素がありますが、

(他にもたくさんありますが)

入門編なのでここでは「ふ~ん」くらいに

思ってもらえればOKです。

 

内部SEOというのは、

自分でいくらでも対策できるもの

というのをここでは分かってもらえればいいです。

 

 

 

次に外部SEO。

 

 

外部SEOは自分のブログ以外で

対策することになるので、

ある程度狙って対策することも

できなくはないですが、

内部SEOと比べると運の要素もあったりします。

 

・被リンク

・各種SNS(twitter・facebook・はてなブックマーク)のシェア

 

これらが外部SEOの主な要素です。

 

被リンクというのは、

自分のブログや自分のブログ記事に

リンクを貰うことです。

シェアはそれのSNS版みたいな感じですね。

 

もっともシェアの場合は、

それ自体に高いSEO効果が

あるというよりかも(なくはないですけども)

シェアを通じてアクセスが集まることによって

間接的にブログの評価が高まることに起因します。

 

 

ここで理解しておいてほしいのが、

くれぐれも自演リンクや

自演シェアをすることは

やめておくべきということです。

 

普通に自演すると

間違いなくグーグルにバレます。

 

バレるとペナルティを受けて、

媒体の検索順位が大幅に下げられて

検索の圏外に飛んでしまいます。

 

 

もちろん、

抜け道のようなものも存在しますが、

僕はほとんど使ったことがありません。

理由はそんなリスクを負わなくても上位表示できるからです。

 

 

なので、

外部SEOについては基本的には

「良質な記事を書いたら

被リンクやシェアを貰えた! ラッキー!」

くらいのスタンスでいたほうがいいと僕は思っています。

 

最後に

SEOについて

ゼロから解説していきましたが、

いかがでしたでしょうか。

 

 

要はユーザーにとって有益なブログを

運営すればいいんでしょ?

 

 

はい、まさにその通りです。

ここではそれを理解して頂くのが一番重要です。

 

細かいテクニックはその先にあるものですからね。

 

 

SEOについて

細かいテクニック的なことや

僕が知っていることは

これから紹介していきますので、

楽しみにしてもらえればなと思います。

 

 

ただ注意点をひとつだけ言っておくと、

あまりSEOの細かいテクニックに

こだわり過ぎることはやめたほうがいいです。

 

 

理由としては、

SEOの細かいテクニックは

非常にたくさんあることもそうですし、

数か月のスパンで次から次へと

新しいテクニックが出てきています。

 

なので僕もすべての細かい

SEOテクニックについて

熟知しているわけではありませんし、

今後もすべてを熟知しようとは思わないでしょう。

 

そこに時間を割くくらいなら、

どうすればユーザーにより良い情報を

正しく提供することができるのか、

その勉強や実践に時間を割いたほうが

ビジネス的な面において有意義ですからね。

 

 

P.S.

 

SEOの根底ができているか

どうかの確認としては、

グーグルアナリティクスの数値が参考になります。

 

⇒ グーグルアナリティクスの使い方と見方(解説動画付き)

 

この記事で紹介している

数値が改善されていけば、

ブログやサイトの評価は高まっていきますので。

 

P.P.S.

 

つくりたてのブログはSEOが非常に弱く、

書いても書いてもアクセスがこないことは普通です。

 

なので少しでも早く

SEOを強化していけるよう、

フェッチアズグーグルを使っていくと良いです。

⇒ フェッチアズグーグルについてはこちら

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――