どうも、アサハルです。

 

今回は、

新しい仕事に就いた、

なにか新しいことに挑戦した、

だけど思ってたのと違う……という思いから、

挫折したり辞めたりしてしまう、

 

『思ってたのと違うEND』

 

これをどうやって回避するのかについて、

お話ししていこうと思います。

 

思ってたのと違うENDを回避する前に

そもそも、

「回避する必要があるのか?」

ということを一度考えてみましょう。

 

  • 会社の仕事があまりにも辛い
  • 職場環境が悪すぎる
  • これは自分がやるべき仕事なのかと思ってしまう
  • 仕事が楽しくない
  • というか辞められるなら今すぐ辞めたい

 

 

あなたは思ってたのと違うENDを、

本当に回避したいのでしょうか。

 

 

僕は会社に就職してから、

最初は最高だと思っていたものの、

どんどん状況が悪化していきました。

 

あのときは、思ってたのと違う、

なんて考える余裕がないくらい、辛かったです。

 

 

「それでもこの会社で頑張るんだ!」

みたいな気力や気持ちは僕になかったので、

ネットで収入を得る道に進み、今に至ります。

 

この道に進み、

会社を辞めたことに、

全く後悔はありません。

 

 

なので、

僕の会社員生活は、ある意味で、

思ってたのと違うENDを

迎えてしまったわけですが、

むしろそのほうが良かったと思えているんです。

 

 

思ってたのと違うENDを、

回避した先に何が待っているのか。

 

逆に回避しなかったときに何が待っているのか。

 

それらは自分にとって望んだものなのか。

 

 

これを自分の心に嘘をつかずに考えないと、

思ってたのと違うENDを、

避けようが迎えようが、

後悔してしまうことになりかねません。

 

 

そして、自分が何を望んでいるのかは、

この記事を読んでくれている、

他でもないあなたにしか決められません。

 

 

携帯の電源を切ったりして、

自分ひとりで考える時間をつくって、

これからの選択を判断したほうがいいでしょう。

 

思ってたのと違う仕事の場合

まず、

あなたが『どのタイミング』で、

思ってたのと違う……と感じたのか、

それを知る必要があります。

 

僕が考えうる、

それぞれのタイミングのときの、

対処法や選択肢をお話ししていきます。

 

就職した(あるいは仕事を始めた)直後に「思ってたのと違う」

あなたがこれまで、

やったことがない分野に挑戦したのであれば、

(失礼ながら)イメージしていたものと、

現実の差が違うことは普通に起こり得るでしょう。

 

1ミリのズレもなく、

リアルにイメージするためには、

事前に綿密な情報を知る必要があります。

(これが現実的に難しい場合も多いです)

 

 

と、いいますか、

僕もそこは全く同じだったので、

逆にイメージ通りのほうが凄いです。

(おそらくそういう方は、

現実にほとんど期待していないか、

徹底的にリサーチをしたのでしょう)

 

 

では、この場合、

どうすればいいのかと言いますと、

今の仕事を続けていった未来が、

あなたが判断する基準となります。

 

 

たとえば、僕の場合ですと、

仕事を始めて半年ぐらいで、

職場の先輩たちがどんな仕事をしているのか、

だいたい分かるようになりました。

 

これを考えることが大切です。

 

先輩たちのやっている仕事は、

将来的に自分がやることになる可能性が高いからです。

 

 

僕はこれを考えたときに、

どうしても自分が幸せになれる未来が見えませんでした。

 

だから、

別の選択肢が現れたときに、

迷わずそっちを選択しました。

 

 

もし、あなたが先輩たちの仕事や、

その分野で長いこと活躍している人を見て、

 

「自分もこんな仕事がしたい!」

「この人のように働きたい!(生活が羨ましい)」

 

と思えないのであれば、

それは思ってたのと違うENDを迎えたほうが、

新しい道を開けるのではないかと、僕は思います。

 

 

逆に今の状況で頑張れば得られる未来に、

楽しさや幸せを感じるのであれば、

そこはちょっと食いしばって、

もう少しトライしてみたほうがいいでしょう。

 

 

どうしても疲れたのであれば、休むのも大切です。

 

【参考記事:死ぬほど辛いのに辞められないときの対処法】

 

ある程度仕事ができるようになってから「思ってたのと違う」

あなたはとてもバイタリティのある方だと思います。

 

特別仕事に不満があるわけではないけど、

なにか物足りない、退屈。。。

 

そういう場合は、

なにか新しいことに挑戦してみてはどうでしょうか?

 

 

今の仕事のやり方を、

大きく変えてみるのもいいですし、

いっそのこと全然違うことを始めてみてもいいでしょう。

 

 

人間、

適切な刺激(今回で言えば新しいこと)がないと、

人生を豊かに楽しく送れないものです。

 

 

あなたのそのバイタリティがあれば、

挑戦することで輝かしい日々を送れることでしょう。

 

よく考えたら現状に不満があるし仕事も辛い

思ってたのと違うどころじゃなかったパターンですね。

 

 

そういうあなたは、

いまの道に固執することなく、

一度他の道を検討してみるといいです。

 

僕も最終的には、

「思ってたのと違うどころじゃない!」

となっちゃったので、

運よく自分の力で稼ぐ道を選べて、独立できました。

 

 

僕がどのようにして、

収入を得て独立までいったのかは、

こちらのページで紹介しています↓

 

運よく入れた大手企業を辞め独立するまでの話

 

「思ってたのと違う」と思ったときはチャンス

「思ってたのと違う……」という考えは、

現状に満足していないからこそ、生まれる発想です。

 

ということは、

自分のステージが上がったり、

ステージごと新しくなったりすることを、

本当は心の奥底で、望んでいる可能性が高いです。

 

 

要は、今の生活を変えたい、

もっと人生を楽しいものにしたい、

ワクワクした日々を送りたい、

という気持ち(向上欲求)ですね。

 

 

 

思ってたのと違うと思ったときは、

今のままを頑張って続けていったときの、

未来の生活を考えてみましょう。

 

 

そこでプラスの気持ちが生まれれば、

壁を乗り越える価値はあると思いますし、

全くプラスの気持ちにならなければ、

ステージを変えるべきタイミングと言えます。

 

 

ここまで読んで頂いたあなたが、

悔いのない選択ができれば、

書いてよかったなと僕は思います。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――