「ネットビジネスって具体的に何するの?」

 

どうも、アサハルです。

 

ネットビジネスという言葉を、

初めて聞いた初心者の方にとって、

気になるのは、結局なにをしているの? という部分だと思います。

 

ということで今回は、

ネットビジネスとは何なのか、

どんな種類があるのか、

初心者におすすめはなんなのか、

というテーマでお話ししていきます。

 

ネットビジネスとは何?

ネットビジネスとは、

インターネットを使ったビジネスの総称を指します。

 

なので、ネットビジネスと言ったらコレ!

みたいな、特定のビジネスを表す言葉ではありません。

 

今やビジネス活動をする上で、

インターネットをまったく使っていない、

会社のほうが珍しくなってきているので、

日常に色々とあるビジネスのほとんどは、

何かしらネットを介していることが多いでしょう。

 

したがって、

企業の仕事も含めてしまうと、

ネットビジネスの種類も、

ここでは紹介しきれないほど膨大になるので、

次は主に個人が扱うネットビジネスについて

お話ししていきます。

 

ネットビジネスの種類とは?

細かいやり方まで言及していくと、

同じタイプのビジネスから、

さらに色々と派生していくので、

タイプ別に紹介していきます。

 

どのビジネスにもメリット、

デメリットが存在しますから、

「何のためにビジネスをするのか」

という動機をもとに選ぶと、

後悔の少ない選択ができるでしょう。

 

1.転売系

ある市場から商品を仕入れたものを、

別の市場で仕入れ値より高く売って、

その差益を収入にするビジネスモデルです。

 

呼び名は様々ありますが、

国内転売、せどり、中国輸入と輸出、

eBay輸入、Amazonやヤフオク、

メルカリ転売などなど、

これらは全て、転売ビジネスと考えてもらってOKです。

 

国内⇒国内、国内⇒海外、

海外⇒国内、海外⇒海外、

オフライン⇒オンラインマーケット

オンライン⇒別の市場のオンライン

など、実に販売経路は様々です。

 

こうした転売系ビジネスの最大の特徴は、

利益が確定してから振り込まれるのが早いことです。

 

僕も一時期、

国内⇒オンラインマーケットという販路で、

せどりをしていたことがありますが、

どこで売るかによるところはあっても、

利益が確定してから振り込まれるのが、

3日~2週間程度でした。

 

後述するアフィリエイトと比べると、

成果も出しやすく入金も早く、

ノウハウさえ知ってしまえば、

後は行動するだけで収入にしやすいです。

 

インターネットと仕入れ先、

そして販売先の3つさえあれば、

特に難しいことをしなくても、

すぐに始められます。

 

アフィリエイトのように、

文章を打つ必要もないですから、

スマホ1台あれば十分可能です。

 

ただし、

物理的な商品の売買という性質を持つため、

仕入れるためには資金が必要ですし、

基本的に自分の行動を止めてしまえば、

収入がストップしてしまいます。

 

資金に関してはクレジットカードがあれば、

現金を使わなくても可能なんですが、

カードの上限が10万で、

しかもカードが1枚だけとかだと、

大きな金額を稼ぐのは厳しいです。

(カードを増やせばいいだけですが)

 

ブログやyoutubeであれば、

少ない費用で始められますし、

ネット上にアップしたコンテンツが、

24時間ずっと人を集めてくれます。

 

しかし、

転売は商品の仕入れと販売手続きは、

個人でやるなら自分で行わなくてはいけません。

 

なので、

最終的に自動で稼ごうと思うなら、

人を雇ったり組織化したり、

お金を払って外注業者に頼んだりと、

人の力を借りることが前提になってきます。

 

稼ぎやすいけど、

個人でやるなら労働収入になる、

というのが転売系ですね。

 

転売系のメリット・デメリット早見表

【メリット】

  • とにかく簡単、コツさえ掴めば初月でまとまった利益が出せる
  • パソコンはあってもなくてもいい
  • 場所や時間の自由は効きやすい
    • 仕事帰りにフラッとお店によって、仕入れもできる
  • クレジットカードをうまく使えば資金ゼロでも可能
  • 要領が分かれば行動量で収入になる
  • 出ていくお金と使うお金の計算に敏感になるので、資金管理力が身に付く

 

【デメリット】

  • クレカ込みの資金が少ないと大きくは稼ぎにくい
    • 単価の高い商品を扱えないため
  • パソコンの知識はほぼ身に付かない
    • 個人転売のスキルは他ジャンルで活かしにくい
  • 人の力を借りないと労働ベースになる

 

転売系は最高どれだけ稼げるのか?

扱う商品の単価にもよりますし、

組織化すれば大きな収入も上げられます。

(Amazonは転売の神と言ってもいいでしょう)

 

なので、

今回は個人に注目して解説しますが、

1人で全てを賄おうとすると、

転売系は月収にして300万前後と言われています。

 

個人の作業だけで、

これだけの収入を得ようと思うと、

朝から晩まで休みなしで、

転売に時間を使っていることになるので、

僕としてはやるなら組織化必須だと思っています。

 

2.アフィリエイト

アフィリエイトとは、

他者の商品やサービスを紹介して、

その紹介料を得ることを指します。

 

アフィリエイトの頭にそれぞれ、

メルマガアフィリエイト、

トレンドアフィリエイト、

 

という風に、○○アフィリエイトと、

呼ばれることが多いです。

 

アフィリエイトをする媒体が違ったり、

細かい戦略が違ったりするだけで、

根本的にやっていることはどれも同じ、

誰かの商品やサービスを紹介することです。

 

ここでは、

成約を取るタイプのアフィリエイトと、

成約に依存しないアフィリエイトの、

2つに分けて紹介していきます。

 

成約型アフィリエイト

商品やサービスをブログなどの媒体で紹介し、

紹介したものが売れたり契約に繋がったりと、

成約をすることで収益が発生するビジネスモデルです。

 

一般的にアフィリエイトと言うと、

この成果型報酬であることが多いでしょう。

 

なので、

ただ媒体で適当に紹介すれば売れる、

なんてものではなく、

 

  • どういうお客さんにアプローチするのか
  • どうすれば買いたいと思ってくれるのか
  • どうすれば迷いなくお客さんが買えるのか
  • お客さんから見て紹介者(自分)はどう見えるのか

 

など、戦略的な要素がないと、

なかなか成約には繋がっていきません。

 

逆に言えば、

この戦略さえしっかりと整えれば、

長期的に高い収入を得ることもできます。

 

転売系と違って即効性はありませんが、

コツコツと実験的に色々試していき、

諦めなければ個人の労力だけでも、

1年ぐらいで安定収入をつくることもできます。

 

ただし、アフィリエイトの世界では、

成約が取れた段階で収入が確定するわけではありません。

 

転売では、商品が売れさえすれば、

ほぼ確実に利益がでますが、

アフィリエイトでは、本当にあなたの紹介で、

成約が取れたのかどうか、みたいなチェックが入ります。

 

そのため、報酬が発生してから、

実際にお金として振り込まれるまでに、

翌月から翌々月、長いと3ヵ月後といった、

タイムラグが発生します。

 

(ちなみにアフィリエイトで、

成約が発生した段階の報酬のことを、

未確定報酬額と呼んだりします)

 

成約が承認されないこともあるので、

承認率が低い商品やサービスの紹介だと、

未確定報酬額が30万あったとしても、

確定報酬額が5万ということもあり得ます。

 

この辺りは事前に調べてみたり、

アフィリエイトの案件を、

扱っている会社に問い合わせて、

承認率を聞いてみたりするなどして、

どうにか地雷案件を回避するしかありません。

 

このように書くと、

デメリットが目立つかもしれませんが、

アフィリエイトは転売系と違い、

労働収入ではない形で、

収入を得ることができるメリットがあります。

 

一度収入が生まれる仕組みさえできれば、

アフィリエイトをする媒体にもよりますが、

自分が働いていないときにも収入を生んでくれます。

 

正確には自分が働いていないというより、

これまで自分がつくってきたコンテンツが、

お客さんを集めて成約を取ってくれるんですね。

 

もちろん、

アフィリエイトを組織化してもいいんですけど、

個人でも十分に自動収入がつくれるのが、

アフィリエイトの一番の魅力だと僕は思っています。

 

成約型アフィリエイトのメリット・デメリット早見表

【メリット】

  • パソコンの基本的なITスキルが身に付く
  • マーケティングなどの戦略スキルも学べる
    • 会社にも応用の効くスキル
  • 一度仕組みが構築できれば自動収入も可能
  • 自分の商品やサービスが不要
  • 始めるのに低資金、もしくは無料でもできる
  • 紹介という性質上、在庫の概念がない
  • アフィリエイト案件を気軽に切り替えられる
  • ネットだけでビジネスを完結できる

 

【デメリット】

  • 収入単価を自分で決められない(商品やサービスの提供者側が決めるため)
  • 提供者側の都合で紹介案件がなくなることもある
  • 入金ペースが比較的遅い
  • 仕組みを作り上げるのに時間がかかる
  • 始めるのは簡単でも稼ぐのが簡単ではない(ビジネス以外にも言えること)

 

成約型アフィリエイトは最高どれぐらい稼げるのか?

個人で取り組んでいくとしても、

月収1000万円、年収にして1億円は、

可能だと言われています。

 

それ以上を目指すとなると、

人数を増やす必要が出てくるでしょう。

 

非成約型アフィリエイト

紹介するだけで収入が貰えたり、

広告を貼ってクリックされるだけで、

収入が貰えるビジネスモデルです。

 

今では有名になったyoutuberも、

動画が再生されるだけで広告が勝手に流れて、

それが収入になるビジネスモデルですから、

この非成約型アフィリエイトに含まれます。

 

通常のアフィリエイトと違うのは、

なんと言っても取り組みやすさでしょう。

 

商品の成約が必要ないので、

単純な話、たくさんの人を集めれば、

それだけで収入になります。

 

youtubeも、たくさん再生されれば、

それだけ広告が表示されることになり、

収入に繋がっていきます。

 

また、非成約型のアフィリエイトは、

未確定報酬額という概念も基本ないので、

通常のアフィリエイトよりかは、

入金のペースも安定します。(大体翌月です)

 

アフィリエイトに取り組む際は、

成約型と非成約型の両方を扱っていることが多いです。

 

非成約型アフィリエイトのメリット・デメリット早見表

【メリット】

  • パソコンの基本的なITスキルが身に付く
  • インターネット上で人を集めるスキルが身に付く
    • 会社にも応用の効くスキル
  • 一度仕組みが構築できれば自動収入も可能
  • 自分の商品やサービスが不要
  • 始めるのに低資金、もしくは無料でもできる
  • 紹介という性質上、在庫の概念がない
  • 入金ペースも安定しやすい
  • ネットだけでビジネスを完結できる

 

【デメリット】

  • 収入単価が低いケースがほとんど
  • まとまった収入を得るのに3ヵ月~4ヵ月程度は必要(あくまで目安)

 

非成約型アフィリエイトは最高どれぐらい稼げるのか?

僕の聞いた例としては、

広告収入だけで月収500万です。

 

(有名youtuberになれば、

他の収入も入ってくるでしょう)

 

インターネットの利用者は、

年々増えているので、

とにかく人を集めるだけでも、

十分な収入を得ることができます。

 

3.独自商品やサービスの販売

自分の商品やサービスがあれば、

ネットを通じて集めたお客さんに、

商品やサービスのセールスをかけることができます。

 

【メリット】

  • 商品単価を自分で決められる
  • アフィリエイトと違い提供者都合で商品が消えない
  • 商品やサービスがよければリピーターがつくれる

 

【デメリット】

  • 商品やサービスがない場合につくるなら時間がかかる
  • つくったものが必ず売れるとは限らない
  • 商品やサービスを増やしたり切り替えるのは大変

 

4.Web上のサービス提供サイトを利用する

Bizseekクラウドワークス

ココナラなど、Webサービスを利用して、

自分のスキルや労働力を、

お金に変えることもできます。

 

Bizseekやクラウドワークスなどは、

お仕事をしたい人に、

お仕事を任せたい人がお願いして、

契約金を貰う形です。

 

ココナラは、

自分でこんなことをやっていますよ、

ということを書いて、

お願いしたい人を集めるイメージです。

 

ココナラのほうが、

自分でビジネスをしている感覚は、

少し養えるかなと思います。

 

【メリット】

  • 気軽にネット上でビジネスが始められる
  • ビジネスを身近な存在として捉えられる

 

【デメリット】

  • 打ち出すサービスにもよるけど、どうしても単価が低くなりがち
  • 転売系と同じく収入が労働ペースになりやすい

 

結局初心者にはなにがおすすめなのか?

これに関しては、

色んな人が色んなことを言っていますが、

今の僕はブログを使った、

非成約型アフィリエイト一択だと考えています。

 

成約型のアフィリエイトを

取り入れてもいいんですけど、

それ一本だと初収入までの時間が長くなるので、

非成約型も使っていくというイメージですね。

 

転売系は僕もやっていましたが、

安定収入や自動収入を目指すと、

毎日働きづめになったり、

人を雇い続ける必要が出てきます。

 

この人を雇い続けることが、

ネットビジネス初心者の方向けではない、

というのが僕の結論です。

 

 

非成約型のアフィリエイトでも、

いま僕がもっとも推奨しているのは、

ブログを使ったアフィリエイトです。

 

youtubeもおすすめなんですが、

安定性はブログに軍配があがるので、

長い目で見たときに、

ブログはやっておいて損はないかと考えています。

 

低資本で気軽に始められますし、

長期的に役立つスキルを学びながら、

時間に依存しない収入源をつくれるので、

脱初心者には最適なビジネスモデルだと思っています。

 

では、成約を取らずに、

どうやってブログで収入を得ていくのか。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

【関連記事:アドセンスとは?収益の仕組みとPVの関連性を初心者向けに解説】

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――