どうもアサハルです。

 

「ネットビジネスで趣味をお金に変えて暮らしています」

 

僕がこう言った内容を、

ネットビジネスについて全く知らない人に話すと、

ほぼほぼ必ずと言っていいほど、

 

 

「なんだか難しそうなことやってるね」

 

と言われます。

 

 

 

 

やはり「ビジネス」と聞くと、

どうしても難しそうなイメージを持たれる人が多いと思いますが、

実際は特別難しいことをやっているわけではありませんし、

もっと言うと稼げていない人ほど難しいことをやろうとします。

 

 

今回は個人がネットビジネスを

始めることは簡単ということと、

個人が企業の力を超えるということについて、

お話していこうと思います。

 

コンビニのバイトは簡単・ネットビジネスは難しいという思い込み

いま僕は企業や会社に頼らず、

ネットビジネスでお金を稼いで生活しているわけですが、

最初のほうこそ全くわけが分からなかったものの、

やっていくうちにだんだんと分かるようになっていきました。

 

でもこれってよくよく考えるまでもなく、

ネットビジネス以外にも言えますよね?

 

 

僕はコンビニでバイトしてた経験もありますが、

最初はどの商品がどこにあるのかも分からない。

煙草の名前だって全く知らない。

レジの画面はまるで暗号だらけで意味不明。

常連さんの顔だって分からないわけです。

 

そんな全く従業員として使いものにならないレベルからでも、

1ヵ月や2ヵ月働いているうちにレジの操作を覚え、

商品の位置も大体分かってくるし、

煙草の名前も何となく頭に入ってくるし、

常連さんの顔を見れば挨拶もできるようになります。

 

 

野球だって始めたころは、

どうやってボールを投げればいいのか、

どうやったらフライを追いかけて捕れるようになるか、

どうやったらピッチャーの投げる球にバットが当たるのか、

僕は全然ダメダメでした。

 

でもダメダメなりに続けていると、

遠投で100メートルくらい投げれるようになったし、

フライも追いかけて捕れるようになったし、

打率は4割弱くらいまであがった。

 

 

 

要するにですが、

 

 

ビジネスに限らず、

何事も最初は分からないことだらけなのは当然で、

そんな状態からでも一定期間の間しっかり続けていけば、

だんだんと分かるようになってくるってことです。

 

 

学校教育ではコンビニのレジ打ち方法や、

ネットビジネスについて一ミリも教えないので、

スタート時点は僕もあなたも誰でも一緒です。

 

 

じゃあなんで、

「ネットビジネスやっています」は

難しそうなことやってるね、なのに、

「コンビニでバイトしてます」は

そうならないのか。

 

これはコンビニでバイトしてるという話は、

友達や先輩後輩からよく聞く話だからというだけです。

 

普段から日常生活で耳にするし、

実際にコンビニでレジ打ちしている知り合いを見れるから、

なんとなく身近な存在に感じて難しいと思わないだけです。

 

 

しかし、

たとえ難しいとは思っていないとしても、

コンビニで実際に働いたことがなければどうなのか。

 

何も学んでいない状態のままですと、

事実、従業員として全く使いものにならないレベルなのは、

あなたもお分かりかと思います。

 

にも関わらず多くの人は、

コンビニでバイトすることは、

ネットビジネスより簡単だと思っています。

 

 

ネットビジネスは、

ただ身近にやっている人がいないから、

普段耳にしないから、という理由で、

難しいと思い込まれてしまっています。

 

 

この考え方は非常にもったいないです。

難しいと思い込むことによって、

物事へのハードルが上がってしまいますから。

 

もっとも、

ビジネスが難しいと思い込ませているのは、

他でもない日本の教育なんですけどね。

 

日本教育に影響力を持っているお偉いさん方は、

たくさんの人に会社員として一生自分たちの下で働いてほしいので、

下手にビジネスの知識を学校教育なんかで教えないんです。

 

小学生とか中学生にビジネスの教育をしてしまうと、

ほぼ間違いなく会社員になろうとは思わないでしょうから。

生徒の周囲も当然自分でビジネスをやる人ばかりになりますしね。

 

周りにやってる人がいない=難しいは、

関連性が全くありません。

 

逆に周りにやってる人が多い=簡単というのも、

関連性ゼロです。

 

これは僕がコンビニの新米バイトのころ、

何の前知識や教習もなくいきなり接客対応とか

宅急便の手配とか公共料金の支払いとかを

やらされたのでよく分かります。

 

当然のようにスムーズにできないので、

あたふたして、できる人にヘルプを頼みます。

店員として十分に働くことができません。

やったことがないことは簡単にできるわけがないんです。

 

 

僕はコンビニのバイトもネットビジネスも、

両方経験値ゼロの状態から始めたので堂々と言えますが、

いきなり生身の人間と対面かつリアルタイムで仕事が始まる、

コンビニの方がハードル高いとすら思っています。

 

お客さんにとっては、

店員が新米だとかベテランだとか関係ありませんから。

 

数あるバイトの中でも時給が低いせいか、

なぜだかお客さんから下に見られがちですし、

(結構やることは複雑なものもあるんですけどね)

よほど良い人じゃない限りそんなこと考慮してくれないわけです。

 

新米なのにベテランと同じ接客、同じ対応を求められるわけです。

 

 

ちなみに僕はコンビニ以外でも、

店員さんに上から目線で接する人とは仲良くしたくありません。

 

それは正義感からくるものではなくて、

どう考えてもこちら側(お客さん)に対して、

反抗できない状態なのは店員もお客も相互理解しているにも関わらず、

上から目線な態度をとれる人が物凄くカッコ悪く見えるからです。

 

大人が小学生にケンカで勝って喜んでいるくらい、

僕にとってはその姿が滑稽に見えます。

威張れる人にしか威張れないのかなあと、

器ちっちゃいなあと素直に心から思ってしまいます。

 

少し脱線しましたので、話を戻します。笑

 

 

コンビニのバイトはお客さんに合わせなければいけませんが、

ネットビジネスは自分のペースでやればいいです。

 

たらたらやっていたら、

稼げるまでのスピードは当然落ちますが、

それで周りに怒られたり急かされたりしないわけです。

 

分からないことはとことん時間をかけて、

納得できるまで調べることもできます。

 

誰かと比べられて文句を言われるものでもないので、

自分が稼ぎたい分だけ作業すればいいって話になります。

 

出勤の概念がないので、

いつでもどこでも好きな時に作業できます。

自宅でのんびりやってもいいし、

カフェで美味しいコーヒーを飲みながらやってもいい。

 

 

コンビニの時給は、

どれだけ頑張っても1000円ちょっとでも、

ネットビジネスは自分のレベルが高くなれば高くなるほど、

際限なく時給を上げることができる。

僕でいえば20分で2万円とか。1時間で7万円とか。

 

もっと言えば、

自動で稼ぐ仕組みづくりもできてしまうので、

時給という概念そのものがなくなる。

 

仕組みをつくってしまえば寝てるときや遊んでるときにも、

仕組みが勝手にお金を稼いでくれます。

 

 

僕は会社に勤めながらも、

時間をつくってこの仕組みをつくったので、

会社に通いながら好きなゲームをやっていても、

月15万円くらい稼ぐことができた。

 

しかも難易度的にはコンビニのバイトと大差ないです。

 

僕がコンビニのバイトとして、

やっとまともに機能してきたのが大体3ヵ月。

 

ネットビジネスで稼げるようになったのも、

取り組み始めて大体3ヵ月です。

 

 

同じ3ヵ月ですが、

コンビニバイトの3ヵ月では手取りにして30万くらいの収入。

 

ネットビジネスでは会社を辞めても、

生活できるだけの収入を好きな時に稼げるレベルを、

身に付けることができました。

 

 

同じ難易度・努力量でも努力する方向性によって、

得られる結果は大きく変わってきます。

 

ここまで話を聞いてくれた人は、

ほとんどがネットビジネスをやってみたいと

言ってくれています。

 

僕はあなたにネットビジネスをおすすめはしますが、

無理矢理やれといったような強制はしません。

 

強制されないことが、

ネットビジネスの利点のひとつだと考えているからです。

あと強制は僕の趣味じゃないからです。

 

 

ただ、

あなたがネットビジネスをやるかどうかはおいといて、

この記事を読んだあなたに一番理解してほしいことは、

 

多くの人がやったことがないことや知らないことを、

必要以上に勝手に難しいと思い込んでいるという事実です。

 

 

やったことがないから、

知らないことだから難しく感じるのは、

当たり前のことなんです。

だってできるわけがないから。

 

できないことは、勉強して行動して

できるようにしていけばいいだけの話なんです。

 

勉強して行動していけばどんなに難しいと思っていたことも、

「別に言うほど難しくはないな」って感じになっていきます。

これはネットビジネスに限った話じゃありません。

 

自転車なんかそうですよね。

 

最初はどうやったら上手く乗れるか必死に考えて、

全神経を集中させてもバランスをとるのが難しいのに、

一度乗れるようになると、

 

「あ~、今日の晩御飯は何にしようかな~」などと

全く自転車に乗ることを意識しなくても、

乗れるようになりますよね。

ビジネスも全くそれと同じことが言えます。

 

にもかかわらず多くの人は「難しそう」という、

最初の根拠のない感情に惑わされて、

勉強しないし行動しないわけです。

 

 

これは良いとか悪いとかではなくて、

勉強して行動しないことには、

自分の人生を狙い通りに送ることはできません。

 

現実として、

自分の思い込みで(教育に思い込まされて)、

自分の望まない人生を、

多くの人が送ってしまっています。

 

でもって望まない人生を送っている人の大半は、

自分の思い込みで自分の望まない人生を送っていることに、

気づいていません。

 

気づかないように、

日本の教育が思考をコントロールしているからです。

 

 

なぜ思考をコントロールするような教育が、

日本にはびこっているのかと言いますと、

米国との戦争が関わっています。

 

もう戦後の時代からはとっくに年月が経っていますが、

日本の教育は戦後から根本的な部分が全く変わっていません。

 

そして、

戦後に日本の教育制度を整えたのは、

GHQです。

 

日本弱体化政策という名前も一部では有名ですね。

 

 

どんな政策なのか簡単に説明すると、

戦争に勝ったアメリカが、

 

「日本人は一丸となると厄介だし、

頭がいいから、なんとかして今後日本が、

米国の脅威にならないようにしよう!」

 

として、思考力を鍛えない、

むしろ思考力を鍛えることを良しとしない風潮を、

狙い通り日本に蔓延させた、ということです。

 

戦争で勝った国としての戦略は、

ある意味で見事としか言えません。

 

 

そして思考力が鍛えられていない大衆は、

日本の権力者達にとって自分のために必死に働いてくれる、

都合のいい会社員になってくれやすい、ということです。

 

 

ここまで僕の記事を読んでくれたあなたは、

なぜビジネスを難しいと思い込んでしまうのか、

理解してくれたかと思いますが、

 

ビジネスを難しいと思い込んでしまうのは、

日本の権力者たちが組織ぐるみで教育を支配し、

大衆に必要以上に難しいと思い込ませているからなんです。

 

それに難しい難しくない以前に、

最初からできないのは当たり前なんです。

 

そんな当たり前はささっと受け入れて、

「最初からできるわけないよな!」と、

ある意味で開き直ってしまって、

ゼロから自分の人生を変えていく行動をとるほうが、

よほど建設的だし楽しいと僕は思います。

 

個人が企業の力を超える現代

インターネットが普及してからというものの、

ブログやSNSを大頭として、

良い意味でも悪い意味でも

個人が影響力を持つのが簡単になりました。

 

 

ツイッター上だとこの人が面白いですね。

意味不明なんだけども面白い。

2016年4月にアカウントが始動してから

わずか3ヵ月少しでフォロワーも20万人を超えています。

 

どういった意図があって、

このようなことをやっているのか気になりますが、

それはここではおいておきます。

 

 

僕が言いたいのは個人の影響力が、

企業に匹敵するどころか企業を上回ることも、

平気で起きるようになってきたということ。

 

さきほど話したツイッターの俺さんの話でいえば、

2011年から稼働している数々の企業のフォロワー数を

たった3ヵ月ちょっとで超えています。

 

人気youtuberがテレビに出ている芸能人より稼いでいたり、

ニコニコ動画の人気生放送主が数人集まれば、

ライブもやれちゃったりします。

 

かなり規模は小さくなりますが、

僕がゲームで使っている名前で動画を投稿して、

ツイッターで呟くだけでも、

数千再生くらいはされる時代なわけです。

 

 

でもってネットの拡散力と影響力は凄まじい。

凄まじいうえにレバレッジが効きます。

 

レバレッジという言葉はてこの原理からきていますが、

超簡単に言うと少ない労力で大きな影響力が出るということです。

 

ツイッターなんかは呟くのに長くても数分程度ですが、

それが面白かったり役立つ内容だったりすると、

あっという間に拡散されていって何万何十万という人に、

その情報が伝わるわけですからね。

 

youtubeも一度動画を上げてしまえば、

色んな人が何回も再生するから、

少ない労力で大きな金額を稼ぐことができます。

 

今あなたが読んでいるこの記事もそうですよね。

僕が記事を書いたのは一回ですが、

色んな人がこの記事を読むことができます。

 

 

こんなに費用対効果が優れているネットのパワーなんですが、

今はまだ多くの企業がこのネットの拡散力や影響力を、

上手く扱うことができていません。

 

でもネットのパワーに気づいている企業は、

それを自社にも取り入れようとネット戦略に詳しい人に、

コンサルティングを依頼したりしています。

 

海外だとその企業の役員よりも、

ネット戦略のコンサルタントに支払っている金額の方が多い、

なんてこともザラにあります。

 

 

つまり何が言いたいのか。

 

 

要はネットビジネスで稼ぐ力を身に付ければ、

企業の方から自分に連絡をしてくれて、

関係性を築けたりする時代だということです。

 

 

僕でいえば趣味でつくったゲーム攻略サイトを、

検索順位の上位に表示させて運営していますが、

(「ゲーム名 攻略」で検索して、

僕のつくったサイトが一番上に出てきたりします)

とあるASP(企業)から、

広告掲載の依頼をされることもよくあります。

 

こうした企業は、

個人が持つネットのパワーを知っているから、

僕のような個人にも連絡を取ってくるわけです。

 

で、僕はその提案をしてきた企業の中から、

自分にとって条件のいいところと提携を結んでいます。

 

 

企業が個人を選ぶ時代から、

個人が企業を選ぶ時代へと、

徐々に変化していっているということです。

(徐々というよりも既にそうなっています)

 

 

自分一人でも稼ぐことができる人間になるのか、

はたまた企業にしがみついていないと、

生きていけない人間のままでいるのか。

 

今の時代、就職しているから安泰なんてのは幻想です。

 

有名な老舗店がネットパワーを上手く使えないという理由だけで、

ネットパワーを上手く使える企業にどんどんつぶされていたりします。

 

そんなつぶされていく企業をしり目に、

ネットを使って趣味をお金に変える手段を得た人たちは、

サッカーの記事を書いて月50万を稼いだり、

ゲーム実況者になって月に100万円以上を得たり、

テレビドラマの感想なんかを書いて、

仕事の他に月20万くらいを稼いでいたりするわけです。

 

 

少し仰々しいことを言いましたが、

単純にラクをして生きていきたいという欲望からでも、

仕事は辞めないけど他に収入が欲しいということでも、

ネットビジネスに挑戦しない理由はないと僕は思っています。

 

最低初期費用でいえば年間で1万円ちょっとです。

おすすめはしませんが完全に無料でやることだってできます。

こんなのは危険性のうちに入りません。

 

 

僕はネットビジネスと出会って、

通常ではまず得られないストレスフリーな生活を、

手に入れることができました。

 

ネットビジネスはリスクがあるから

やめといた方がいいとか、

「それちゃんと理由説明できるの?」と思ってしまうような、

意味の分からない情報も出回ったりしていますが、

 

 

僕からすればネットビジネスをやらないことのほうが、

それこそ大きな危険性があると堂々と言えます。

 

 

だって会社員として働いているうちは、

その間は間違いなく事実として、

ずっと自分の時間を会社に合わせなくちゃいけないわけですから。

 

 

僕は今は会社勤めしていないので、

好きな時に起きて好きな時に働いて、

好きなだけ稼げばいいだけの状態ができあがっています。

 

他には会社を辞めてからというものの、

体調が快適で仕方ありません。

まさにストレスフリー状態ということです。

 

 

ネットビジネスはリスクがあるから

やらない方がいいとか言ってる人は、

先ほどご説明した「ビジネス難しい洗脳」に侵されていますし、

ネットビジネスが何なのかをまず間違いなく理解してません。

 

試しに僕が「なんで?」って聞いてみると、

「いや、ビジネスって難しいしお金かかりそうじゃん?」とか、

「一人でビジネスができるわけないよ」とか、

明らかに理由や根拠が分かってない答えが、

返ってきたりしますからね。

 

友達や親が言っているから、という

根拠のない理由で信用してしまう気持ちも、

分からなくはないです。

 

しかし、事実として、

素人のアドバイスほど、

アテにならないものはありません。

 

 

僕はなぜネットビジネスをやったほうがいいのか、

むしろなぜネットビジネスをやらないことがリスクになるのか、

全て理由をつけてハッキリと説明することができます。

⇒ 【断言】ネットビジネスをやらないことがリスクになる3つの理由

 

 

もちろん、現状に満足している人は、

無理にネットビジネスをやる必要はないと思いますが、

現状に満足していない人であれば、

ネットビジネスはその状況を打破する可能性を、

十分すぎるくらいに秘めています。

 

 

ぜひ悔いのない選択をして欲しいと思っています。

 

 

P.S.

僕がネットビジネス初心者だったころから、

実際に稼ぐまでの流れを物語にして公開しています。

 

読めばアサハルがどういう人間なのかが分かり、

あなたにとって信頼に値する人間なのか、

ひとつの判断材料になると思いますので、

興味があったらぜひ読んでみてください。

⇒ アサハルのプロフィールと理念

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――