どうもアサハルです。

 

今回もプチテクニック的な話をしたいと思います。

 

 

ゲーム攻略サイトアフィリエイトをやっていると、

たまに相互リンク依頼を他の攻略サイトや

アンテナサイトから受けることがあります。

 

今回はこの相互リンクを受けるべきか否か、

という判断の仕方についての解説をしていきます。

 

確認のために説明しておくと、

相互リンクというのはお互いのサイトに

お互いのリンクを貼り合うことです。

 

お互いのリンクを貼り合うとどうなるのかというと、

お互いにアクセスを流し合うことのほかに

SEOにも影響が出ることもあります。

 

 

で、僕の場合はこの相互リンクを受けるかどうかは、

 

 

正直言うとケースバイケースです。

 

 

というのも、

例えば仮に自分のサイトが「アプリ名 攻略」等の

ビックキーワードで検索順位トップを獲得できている場合、

相互リンクを受けるメリットは正直言ってあまりありません。

 

理由としては、

そんなことしなくても検索エンジンから

十分なアクセスが見込めるからです。

 

むしろアクセスを相手に流すことによって

相手サイトのパワーが強まり、

結果として検索順位が抜かれる可能性すら出てきます。

 

もしくはリンク先のサイトが

全然役に立つ情報を載せていないときも、

自分のサイトの信用を落とすことにもなりますね。

 

ユーザーからすれば

「なんでこんなカスサイトのリンク貼ってるんだ(怒)」

ということになってしまうわけです。

 

役に立たないようなサイトのリンクを貼っていたり、

逆に役に立たないサイトからリンクを送られていたりすると、

グーグルさんからペナルティを受けて、

最悪検索順位の圏外まで吹っ飛ばされる可能性もあります。

 

 

僕だと多くの場合は相互リンク等の被リンクに頼らずとも

自分のサイトと良質な記事だけで上位表示ができるので、

相互リンク依頼をもらっても受けたりすることは少ないです。

 

 

ただ、相互リンク依頼をしてきたサイトが

自分のサイトよりも上位表示できている場合は、

(自サイトとは違うキーワードで上位表示できてる場合など)

相互リンク依頼を受けてみるのもいいかもしれません。

 

特にアンテナサイト系との相互リンクであれば、

相手サイトが上位表示できていると、

そこそこなアクセスが流れてきたりして、

自分のサイトの強化に繋がったりします。

 

グーグルさん的にも、

同系統のサイトから被リンクをもらっていることは

好評価につながる部分もあるので、

自分のサイトがまだ上位表示できていないうちに

相互リンク依頼が来たのであれば、

受けてみてもいいでしょう。

 

 

あ、なので相互リンクをする場合は、

必ず同系統のサイトにしてくださいね。

 

ないとは思いますが、

例えばゲーム攻略サイトを運営しているのに

ダイエットのサイトから被リンクをもらっても、

何の意味もないどころかかえってマイナスですので^^;

 

 

ちなみにですが、

ブログやサイトをつくったばかりなら、

相互リンクに力を入れるよりも、

以下のサイトを利用すると

初期段階では多少効果はあります。

 

⇒ 人気ブログランキング

⇒ にほんブログ村

 

⇒ 楽天ソーシャルニュース

 

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」は、

それぞれ質の高い被リンクを無料で貰うことができます。

 

楽天ソーシャルニュースは

自分の記事を楽天ソーシャルニュースのサイトに

載せることができ、

楽天ソーシャルニュース自体もそこそこパワーがあります。

 

なので、

スマホアプリゲームを対象とした、

ゲーム攻略サイトアフィリエイトのような

ライバルがスカスカな分野だと、

楽天ソーシャルニュースを使うだけで

簡単に上位表示できたりします。

 

 

ただし、

楽天ソーシャルニュースを使って、

上位表示させた記事は長い期間順位を

維持させることはできないので、

あくまでも初期の段階でアクセスを集めて、

サイトのパワーを高めるために利用するつもりで

使っていきましょう。

 

 

さてさて今回のまとめですが、

 

・検索順位が上位表示出来ているなら相互リンクは不要!

・自分より相手の方が順位が上なら相互リンクするのもアリ!

・ただし一番力を入れるポイントではない!

 

ということでした。

 

 

 

P.S.

僕が実際に利用している便利な無料ツールを

まとめて紹介しています。

よかったら見てみてください。

⇒ 【便利】ネットビジネスに使える無料ツールをまとめてみた!

 

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――