「毎日が辛いわけじゃないけど、何となく物足りない」

「楽しいことをやっているはずなのに、どこか空虚になる」

「自分よりも明らかに上の人の存在をハッキリと知った」

「周りがどんどん進んでいって置いていかれそうな気分になる」

「毎日があまりにも退屈すぎて一日が長く感じる」


 

あなたは「自分の人生これでいいのか?」

と思ったことはありませんか?

 

僕も昔は頻繁に思うことがありました。

 

自分の人生これでいいのかと

ついつい考えてしまう状態だと、

本来なら楽しめることも楽しめなかったり、

仕事をしていてもなんとなく充実感がなかったりするんですよね。

 

いつもなら楽しいと思えることが楽しく感じられない、

毎日に充実感がない状態は、

僕の提唱する「本気でラクな生活」ともかけ離れています。

 

ということで、

今回は自分の人生これでいいのかと

思ったときに何をしたらいいのか、

僕の経験も踏まえてまとめてみました。

 

はじめに:自分の人生これでいいのかと思えるだけイイ

まず「自分の人生これでいいのか」と

思えるだけイイと思いましょう。

 

自分の人生これでいいのかと考えるということは、

自ら現状を脱したい・現状を変えたい

と思えている何よりの証拠です。

特段意識はしていないかもしれませんが、

向上心がある証拠とも言えます。

 

ここでやっちゃいけないことは、

「こんな人生を送っているだなんて自分はダメだ」

と自分を攻撃してしまうことです。

自分を攻撃しても建設的な案は生まれませんし、

テンション下がるだけなのでやめましょう。

 

自分の人生これでいいのかと思ったときは、

あなたの人生の転機です。

 

今を嘆くよりもどんな未来にしていこうか

ワクワクしながら考えるほうが絶対に楽しいですよね。

 

ただでさえ「自分の人生これでいいのか」という

感情自体がネガティブに傾きやすいので、

僕はワクワクする未来を想像して

テンションのバランスをとるよう意識しています。

 

もちろん、無理に明るくする必要はありません。

が、無駄に落ち込む必要もないのも事実です。

感情的に落ち込み過ぎると、

何もする気力が湧かなくなりますから(苦笑)

 

なのでここから先は、落ち込み過ぎず、

少しだけ明るい感じかフラットな状態で

読んでもらえればと思います。

 

とにかくやりたいことを書き出す

これは「自分の人生これでいいのか」と

思ったらまずやって欲しいことです。

 

ここで気をつけて欲しいことは、

お金がないとか自信がないとか能力がないとか、

そういうのは無視して書いてください。

 

できるできないじゃなく、

子どもに戻ったつもりで

素直にやりたいかどうかだけで書きましょう。

 

試しに僕が思うままに書いてみると、

・小説家になりたい(作家として生活したい)

・時間もお金ももっと欲しい(ビジネスでもっと成果を出したい)

・カオスチャイルドLCCがやりたい

・結婚したい

・(創作のためにも)色々な人と本音で話してみたい

 

……いま思いついたものでパッと書きましたが、

意外と少なかったです(笑)

というのも、僕はやりたいと思ったことは

すぐやっちゃっているからかもしれません。

 

とにかくこんな感じで、

ざっと思い浮かんだやりたいことを

ここでは制限なしで書いてみてください。

 

とにかくやりたくないことを書き出す

次に、

さっきやってもらったことと逆に

やりたくないことを書き出します。

(やりたいことを書き出すことと違って

テンションは下がるかもしれませんが、大事ですよ笑)

 

ここの注意点も同じで、

制限なしで書くことが大事です。

 

もちろん、

人生にはやりたくなくても

やらなきゃいけないことだってありますが、

この段階では無視してください。

 

僕もざっと書いてみましょう。

 

・無駄な残業をしたくない

・満員電車に乗りたくない

・行きたくもない飲み会に付き合いたくない

・理不尽な上司にどやされたくない

・暑い中や寒い中で働きたくない

・(疲れるから)ケンカしたくない

・自分の人生にあんまり葛藤したくない

・立ち作業はずっとしたくない

・できる限り同じことを何回も繰り返したくない

・眠いのに無理矢理体を起こして頑張り続けたくない

・出世を気にして常に他人の顔色をうかがいたくない

・楽しいフリをするのはもう疲れたからやりたくない

・他人に嘘もつきたくないし自分に嘘もつきたくない

・物理的に引きこもるのはウェルカムだけど心理的に引きこもりたくない

・とにかくイライラしたくない

・同じ失敗を何度もしたくない

・もう後悔したくない

 

バーッと筆が止まらない程度に書きました。

 

やりたいことよりもたくさんありますね笑。

 

僕がネットビジネスを始めたのも、

もともとは会社が嫌すぎたのが原因ですから、

パッと考えたときに

「もうあの頃には二度と戻りたくないな」

という思いが強く出た感じです。

 

やりたいことの中で「やり続けたいと思えること」を書き出す

いまの段階で構わないので

(今後変わっていってもOK)、

やりたいことの中からやり続けたいと思えることを

抜粋してみましょう。

 

僕だったら以下の4つですね。

・小説家になりたい(作家として生活したい)

・時間もお金ももっと欲しい(ビジネスでもっと成果を出したい)

・結婚したい(結婚したら終わりじゃないですからね)

・(創作のためにも)色々な人と本音で話してみたい

 

やりたくないことの中で「やり続けたくないこと」を書き出す

これもいまの段階でOKですので、

やり続けたくないなと思うことを書き出しましょう。

 

ちなみに

僕はやりたくないことの全てが当てはまるので、

ここでは書き出しません。

 

やり続けたいことをやれて、やり続けたくないことから回避できる手段を探す

やり続けたいことを満たしつつ、

やり続けたくないことを回避する方法を探ります。

 

探って見つかった方法が、

あなたが打ち込んで後悔しない選択肢になります。

 

ここで注意すべきところは、

「そんな方法なんてない!」という思い込みです。

 

自分で自分の可能性を潰すことだけはやめたほうがいいです。

あなたにとって何のメリットもありません。

僕は思い込みで丸々三年近くも時間を無駄にしています。

 

未来からタイムスリップしてきたつもりで毎日を過ごす

これはダルビッシュ選手

(野球で世界的に有名な投手です)が

実際に使っている設定なんですが、

この設定で毎日を生きようと思ったら、

無駄なことに使う時間はいまよりもぐっと減ることは間違いないでしょう。

 

やりたいことを満たし、

やりたくないことを回避する手段を探す前に、

この設定をパクって生きてみるのもいいですね。

 

凄い人は何かしらの信念を持ってたり、

効率化を実践してたりするので、

ゼロから自分で編み出すよりかは

既に成果を出している人からパクったほうが、

いろんなことがスムーズにいきます。

 

偉人の名言集を見て、

「すげーなー」で終わっていてはもったいないですから、

使えるものは自分の人生に取り込みまくっていきましょう。

⇒ 弱者だからこそ使える最強思考法「モデリング」について

 

 

自分の人生このままでいいのかと思ったら、

騙されたと思って上記の方法を試してみてください。

 

日々の過ごし方から未来への考え方まで、

少なくとも今より充実することは間違いないので。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――