どうも、アサハルです。

最近いろいろやっていたら、

久々のブログ更新になっちゃいました笑。

 

さてさて、

2017年4月6日(昨日)に、

youtubeに新たな規制が敷かれましたね。

YouTube、視聴回数1万未満のチャンネルは広告収入なしに(ITメディアニュース)

 

これに伴って、

マックやトヨタやAT&Tなどの大手企業が、

youtubeからの広告を引き上げたみたいです。

 

 

で、重要なのは、

こういうネガティブなニュースを受けて、

我々ネットビジネスに取り組んでいる人、

(または取り組もうとしている人)が

どう判断するのか、です。

 

「今後もこういう規制が入るんだ!」

「youtubeはもう稼げない!」

「他のビジネスに参入しよう……」

「youtubeやろうと思ってたけどやめとこ……」

こんなことを考えて辞めていく

(または始めない)人も増えるでしょう。

 

ということは、

それだけライバルも減るわけですから、

ちゃんと戦略を立てて行動すれば、

今まで以上にラクに稼げる可能性もあるわけです。

 

規制を受けて、

もうダメだと決めつける人と、

逆にチャンスなんじゃないかと

発想の転換ができる人。

 

いったいどちらが

長期的に稼いでいける人なのかは、

言うまでもありませんね。

 

 

それにこの手の規制って、

youtubeなどの

大手プラットフォームに

依存しているビジネスは、

遅かれ早かれ参入者が増えてくれば

受けるものなんですよね。

 

例えば、

僕がネットビジネス初心者の方に

おすすめしているせどりだって、

時期は結構前ですが、

Amazonによる新品家電の出品規制がありました。

 

パナソニック・オリンパス・シャープ

富士フィルム・エプソン・CANON・ソニー

などなど、大手メーカーの商品の新品出品に、

Amazonからの許可を取る必要が出てきたわけです。

 

しかも出品の許可を得る条件が、

メーカーの商品を180日以内に

30点以上仕入れたことが分かる

請求書を3通を提出すること。

 

もしくはメーカー直々の販売認可証を提出すること。

 

メーカーの認可証は、

余程のことがない限り、

個人のせどらーには下りないでしょうし、

請求書3通も無理ではないですが、

卸業者から仕入れるとなると結構大変です。

 

副業や個人でやっている人にとっては

かなり厳しいもの。。。

 

これを受けて、

せどりはもう無理だとか、

もう稼げない、なんて言う人も多くいました。

 

でも、考え方を変えれば

これはチャンスなんですよ。

 

新規の参入者やライバルが減れば、

当たり前ですが継続者にとっては

稼ぎやすい市場になります。

 

新品家電に頼らずとも、

他の商品でいくらでも利益は出せるし、

大手メーカーの商品がダメなら、

中国からノーブランド品を仕入れてもいい。

 

販売経路だって、

Amazon一択にする必要はない。

ヤフオクでも良いし、

メルカリだって十分イケる。

 

 

要はしっかりと考えさえすれば、

抜け道なんていくらでもあるわけです。

 

僕はと言えば、

せどりで教えられる範囲を広げるために、

この間ブックオフで本をせどってきましたが、

30分くらいで利益5000円くらい仕入れられました。

持って帰るのが大変でしたが(笑)

 

ネガティブな情報を少し受け取っただけで、

もうダメだと諦めてしまうのは早計です。

 

ビジネスで多くの人が

ピンチだと思うってことは、

考え方を変えればチャンスになることはいくらでもあります。

 

ということで、

ピンチをチャンスだと捉えることができれば、

長く稼ぎ続けられるよ、というお話でした。

 

結局はちゃんとやったもん勝ちですから、

狭い視野でネガティブワードを

連発している人は置いといて、

この記事を読んでくれたあなたは、

虎視眈々とやるべきことをやっていきましょう!

 

 

P.S.

 

このyoutubeの問題に限ってですが、

そもそも1万PV未満だと

まともな収入にはならないので、

気にするような問題ではありません。

 

ただ、

今後も何かしらの規制が入ることは

普通にあり得るかと思うので、

ひとつの媒体だけに依存していると

なにか起こったときに怖いです。

 

もちろん、

最初からなにもかもに手を出して、

どれも中途半端に終わるよりかは、

ひとつの媒体を育てて、

ある程度の収入を目指したほうがいいです。

 

それから他の媒体にも広げていけると、

ひとつダメになったとしても、

そこまで揺らがなくなってくるので、

ひとつの媒体に固執しないことが大切だと思います。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――