どうも、アサハルです。

 

もうこの記事を書いている1ヵ月前になりますが、

八景島シーパラダイスに遊びに行ってきた感想を書いていきます。

 

テイルズオブオーケストラ2018の翌日、

10月7日に行ったんですけど、

横浜は猛暑日だったらしくすごい暑かったです。30度はあった気がする。

 

お得な割引情報のワナ? みたいな、

現地に行ったからこそ分かる情報もお届けしていきますね。

 

八景島シーパラダイスは入るだけなら無料

この手の遊園地やレジャースポットは

入園料を取られそうですが、

八景島シーパラダイスは入島料だけなら無料でした。

 

一度入ったら屋台や遊園地や水族館など、

お金を払いたくなる施設満載なので、

無料にしていても入って帰るだけの人は、

風景写真だけ撮りたい人くらいかもしれません。

 

前売り券などの予約のワナ

水族館が一番のお目当てだったので、

事前に買っておいた前売り券を手に、

入場券と引き換えるための列に並んだんですが、

 

入場券引き換えまでの待ち時間が長すぎた。

 

それでも1時間はなかったと思いますが、

45分くらいは猛暑日の中、突っ立っていたと思います。すげえ汗かいた。

 

一緒に来ていた彼女には日陰で休んでもらって、

待っている間はKindleで本を読んでました。

 

僕の前や後ろのほうから、

「予約の意味なくない?」という声もチラホラ。

まあそりゃあ予約したほうが早く水族館に入れると思いますよね。

 

というのも、当日券が買える自販機の列には、

誰も並んでおらずガラガラだったのです。

つまり予約していなかったほうが圧倒的に早く入れたということ。

 

 

もちろん、

前売り券を買っておいたほうが安くは済みます。

 

2人合わせて700円くらいは安かったと思います。

 

 

けどあの暑い中待ち続けるよりは、

当日券でいいからさっさと買って、

涼しい水族館内に入りたかったのが正直なところ。

 

まあ僕らが八景島シーパラダイスに行ったのは、

三連休の中日だったこともあるので、

ことさら人が多かっただけかもしれません。

 

前売り券でも普段はもっとスムーズに入れるんじゃないかなと思います。

 

 

ちなみに後から知ったんですけど、

 

前売り券はデイリーPlus経由で買えば、

僕らが買ったワンデーパスという、

水族館と遊園地がセットになったお得なプランが、

さらにひとりあたり1000円ほど安くなります。

デイリーPlusでお得にチケットを買う

 

他にもエポスカードというクレカがあれば、

会員限定のエポトクプラザを使って650円ほど安くなるみたいです。

 

エポスカードはこちらの方法で発行するだけで、

11月13日時点では現金4000円が誰でも手に入るので

デイリーPlusよりも実質お得ですね。

僕が会社員の頃A子先輩に教えてもらった方法はこちら

 

水族館は普通に楽しかった

そんなわけで、

予約しないほうが早く入れたまさかの事実に、

少しだけテンション下がっていたんですが、

水族館の中を周ってるうちに普通に楽しんでました。

 

最初にテンションが下がったら、

後は上がるだけですからね。

あれ? もしかしてそういう戦略?

 

八景島シーパラダイス

スマホの写真解像度が低くてニモの顔が怖い。

こういうところ来るたびにカメラを買おうと考えます。

↑けど持ち歩くのが面倒くさくて結局買わないやつ

 

オモチャみたいだったチンアナゴ。

 

八景島シーパラダイス マンタ

僕のスマホでは一番良く撮れたと思ったマンタ。かわいい。

 

八景島シーパラダイス タコ

お休み中のメンダコ。

 

八景島シーパラダイス ペンギン

八景島シーパラダイスのペンギンたち。

ひとりひとりに名前とコメントがついてて面白いです。

 

 

他にもクラゲとかグソクムシとか

カワウソと握手したりとかしました。

初めて触ったけどカワウソの手はぷにぷにだった。

 

彼女がドクターフィッシュの水槽に

手を突っ込んでて楽しそうだったので、

僕もやってみたら彼女のケアをしていた魚が

一斉に僕のところにやってきて急患扱いされました。

 

 

そんな感じで十分満喫していました。

イワシの魚群は一生見ていられますね。

 

個人的に水族館でツボだったのはコレ↓

八景島シーパラダイス

動物学者の箕作佳吉(みつくりかきち)氏と、

発見者のアラン・オーストン氏の名前から、

ミツクリザメと命名されました。

アラン・オーストン氏の要素1ミリもなくて、

アラン氏には申し訳ないけど笑いました。

英名はゴブリン・シャーク。やっぱり1ミリもない。

 

 

……まさかアラン氏がゴブリンに似てるから、

なんて理由じゃないだろうな。

 

イルカショーと花火の動画

スマホで撮ったので雰囲気だけでも伝われば幸いです。

 

八景島シーパラダイス2018のイルカショー

ハロウィン仕様の花火

 

花火の後にリヴァイアサンという

ジェットコースターに乗りました。

 

あまり落差のあるタイプのコースターではなく、

ディズニーのスペースマウンテン的な感じなので、

(スピードはリヴァイアサンがだいぶ速いですが)

ジェットコースターが少し苦手くらいの人なら楽しめるかと思います。

 

あとはリヴァイアサンに乗るまでに、

八景島シーパラダイスを周遊している船に乗りました。

 

車にはけっこう酔うんですけどなぜか船は平気で、

揺られているだけでも気持ちよかったです。

子どもが船に備え付けの大砲を打ちまくっててキャッキャしてました。

 

 

 

そんな感じで、八景島シーパラダイス満喫してきたよーといった感想でした。

 

八景島シーパラダイスに限った話じゃないですけど、

気の合う人たちとの遊びや旅行はどこに行っても楽しいです。

 

改めて今の生活が送れていることに感謝しかありません。

 

遊びに行ってきたけど、

記事にしてないところがまだまだ結構あるので、

これからちょくちょく書いていこうと思います。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――