どうもアサハルです。

 

今回はグーグルが提供している、

キーワードの検索ボリューム(どれくらいの人に検索されているか)を

調べることができるツール、

「グーグルキーワードプランナー」の導入・登録方法について、

解説していきます。

 

キーワードの検索ボリュームと言っても

いまいちピンと来ないと思いますので、

分かりやすく説明すると、

 

例えば「パズドラ 攻略」で検索する人がいるとして

キーワードプランナーでパズドラ 攻略と入力すると、

おおよその検索ボリュームを示してくれます。

 

パズドラの月間平均検索ボリューム01

↑こんな感じにですね。(クリックで拡大できます)

 

トレンドアフィリエイト(アドセンスブログ)など、

とにかくアクセスが必要なネットビジネスをやるときには

グーグルキーワードプランナーは非常に便利なツールなので、

ぜひ導入・登録して使ってみてください。

 

それでは解説していきますね。

 

※現在は無料で使うことができなくなっているようです。

 

【無料】グーグルキーワードプランナーの導入・登録方法

↑動画の方が分かりやすいと思って解説動画を撮りました。

 

グーグルキーワードプランナーに限った話ではないですが、

グーグルが提供するツールは全て

グーグルアカウント(Gmailのアカウント)が必要ですので、

まだ作成していないのであれば

まずはそちらを先に作成してください。

 

グーグルアカウントの作成はグーグルトップページの

右上「ログイン」あるいは「アカウント作成」から

無料で行うことができます。

⇒ グーグルのトップページはこちら

 

 

グーグルキーワードプランナーの登録はこちらから

⇒ グーグルキーワードプランナーの登録

 

グーグルアドワーズホーム画面はこちらから

⇒ グーグルアドワーズホーム画面

 

基本的には動画の通り導入・登録してもらえれば問題ないですが、

ひとつ注意点として、グーグルアドワーズ登録時に作成した広告は

削除または無効状態にしておくことを忘れないでください。

 

これを忘れるとグーグルさんから

「お金払ってくださいよー」と催促の連絡が来ますので。

 

 

グーグルキーワードプランナーは無料で使用できますので、

ブログ記事の作成時などに有効活用して

アクセスを集めるためのキーワード選定に役立ててください。

 

グーグルキーワードプランナーの使い方についても

僕のブログで解説しています。

⇒ グーグルキーワードプランナーの使い方(解説動画付き)

 

 

 

P.S.

僕も実際に使っている、

ネットビジネスに使える無料ツール・無料で利用できるサイトを

まとめてみましたので、

興味があれば見てみてください。

⇒ 【便利】ネットビジネスに使える無料ツールをまとめてみた!

 

 

P.P.S.

この先グーグルキーワードプランナーは、

無料で使えなくなる可能性があります。

 

というのも、

グーグルキーワードプランナーだけを

無料で使っている人がたくさんいるみたいで、

それを提供元のグーグルアドワーズは

快く思っていないようです(当たり前の話ですが)

 

ですので将来的には

有料でもグーグルキーワードプランナーを使うか、

キーワードプランナーに頼らなくてもいいくらいの

キーワード選定力を身に付けるか、

どちらかを選択する必要性が出てくるかもしれません。

 

P.P.P.S.

僕の予想通り、

キーワードプランナーが無料で使えなくなりました。

 

正確には使えることは使えるようですが、

データがざっくりしすぎていてあまり参考にならないようです。

 

有料ですと、

今まで通り正しく使えるようですが、

僕は今後使うつもりはありません。

 

お金を払うほどのメリットを感じていないのもありますが、

何よりツールに頼ったキーワード選定に依存するのは、

どうかと考えていますので。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――