どうも、アサハルです。

 

ブログを立ち上げようと思ったとき、

(または立ち上げた後に)

最初に考えることが、

「ブログタイトル何に決めよう……」

ですよね。

 

せっかく自分で立ち上げたブログですから、

できればカッコいい、あるいはかわいい、

あるいは思い入れのあるタイトルにしたい、

そう考えるのはごく自然のことです。

 

 

でも、ちょっと待ってください。

 

 

趣味のブログだったら、

好きなように付ければいいんですが、

ブログをビジネスとして捉えるなら、

戦略を何も考えずに付けると後悔することもあります。

 

そうならないための、

ブログタイトルの付け方・決め方のコツを、

これから紹介していきます。

 

ブログタイトルで上位表示を狙う?

まずは、自分のブログタイトルを、

検索順位の上位に表示させたいかどうか、

これを考えてみましょう。

 

検索順位の上位にあげて、

かつ正しくそこからアクセスを集めるには、

ブログタイトルにも検索されるキーワードを

自然な形で盛り込む必要があります。

 

 

たとえば、いま僕のこのブログのタイトルは、

『インターネットビジネスで楽しい日々を創るアサハルのブログ』

 

です。(たぶん今後変えると思います)

 

これは若干、SEOを意識したタイトルになっています。

 

一応、

「インターネットビジネス」

という検索されるキーワードを、

一番左に持ってきています。

 

 

このようなタイトル付けをすることで、

「インターネットビジネス」

というキーワードで検索した方に、

僕のブログをアピールすることができるんですね。

 

実際には、

インターネットビジネスだけだと、

他にも使ってるライバルが多すぎるので、

僕のブログは全然出てこないんですが(笑)、

例として理解してもらえたらと思います。

 

 

他にも、

つくろうとしてるブログが、

旅行系のブログであれば、

 

『大阪旅行おすすめ完全攻略MAP』

 

のようなブログタイトルを付ければ、

「大阪 旅行 おすすめ」

という検索キーワードで上位表示を狙うことができます。

 

 

僕の好きなゲームの攻略サイトであれば、

ほとんどの攻略サイトの名前が、

 

「ゲームタイトル名(通称や略称の場合も) 攻略」

は、必ずタイトルに入っていると思います。

 

テキトーに考えてみると、

『FEH攻略速報データベース』

みたいな感じですね。

 

 

ブログタイトルで上位表示を狙うなら、

今回出した例のように、

検索されるキーワードを

タイトルに含めることが大切です。

 

ブログタイトルと言っていますが、

これは個別の記事のタイトルを付けるときも同じです。

 

 

ただ、勘違いして欲しくないのは、

ブログタイトルで上位表示を狙うなら、

こういう考え方があるよ、という話で、

どんなブログも必ずブログタイトルで

上位表示を狙わなくてはいけない、わけではありません。

 

ブログタイトルで上位表示を狙わずとも、

個別の記事でアクセスを集めればいいので、

絶対に検索キーワードを、

タイトルに入れる必要があるわけじゃないんですね。

 

 

次は、SEOを意識しない、

タイトルの付け方についてお話しします。

 

ブログタイトルの付け方でおすすめのコツ

ブログタイトルを付ける際は、

 

  • ブログの雰囲気を重視するか
  • とにかく読者に覚えてもらうか
  • その両方をとるか

 

この辺りで自分は何をとっていくのか、

これを理解して選んでいくといいと、僕は考えています。

 

とにかく雰囲気重視でタイトルを付ける

たとえば、カッコいいタイトルや、

オシャレなタイトルを付けようと思ったとき、

ローマ字や英語のブログタイトルが、

候補に上がることもあると思います。

 

ブログに雰囲気にマッチしていれば、

ぴしっと良い感じにハマりますね。

 

ただし、

ローマ字や英語タイトルで

注意するべきところは、

見慣れない言葉をつかうと、

読者に覚えてもらいにくいという点です。

 

 

語感だけでテキトーに考えましたが、

『Selectors Dimension(セレクターズ・ディメンジョン)』

 

みたいな、長くて英語のタイトルだと、

「あー、あれ、なんてブログだったっけ、

セレ……なんちゃら、だったような……」

といった具合に、読者の頭に残りにくいです。

 

 

そういう場合は、

短くてキャッチ―な略語を、

自分で考えてブログ内で認知させたり、

短い単語にしたりと、一工夫が必要です。

 

 

ブログの名前を、

覚えてもらう必要がない場合は、

長くても問題ありません。

 

とにかく読者に覚えてもらう

人に覚えてもらうブログタイトルの、

簡単なコツとしては、

 

  • ひらがな
  • 短い言葉
  • 見慣れている言葉×見慣れない言葉
  • 見慣れている言葉×見慣れている言葉=見たこともない言葉

 

それぞれ詳しく解説していきます。

 

この4つを意識すると、

ブログにアクセスが集まってきて、

コンテンツがそれなりのものであれば、

ブログのタイトルが検索エンジンの予測に、

出てくるようになります。

 

検索予測に出てくるイメージ↓

 

 

ここに自分のブログ名が出てくるようになります。

 

自分のつくったブログの名前が出てくると、

今でもちょっと嬉しく思いますね。

 

ひらがな

ひらがなのタイトルは、

基本的に覚えてもらいやすいです。

 

意外に思うかもしれませんが、

漢字ばかりのタイトルは、

英語のタイトルよりも、

覚えてもらいにくい印象です。

 

また、ひらがなのタイトルには、

簡単・ポップ・明るい・かわいい・柔らかい

といったイメージがありますから、

緩めのブログの雰囲気にも合います。

 

あえてギャップをつくるのもいいですね。

 

 

タイトルはゆるふわな感じなのに、

ブログを開いたらおどろおどろしいとか、

ブログ記事もものすごく理系っぽいとか、

ギャップがあると覚えてもらいやすいです。

 

短い言葉

特筆することはないですが、

長いタイトルは覚えてもらえないと

思っておいたほうがいいです。

 

ブログ名を覚えてもらうことを重視するなら、

長くするにしても、何かしらの略称や、

通称を用意してあげるといいですね。

 

見慣れている言葉×見慣れない言葉

人は中途半端に分かっている状態が、

一番興味がわくようにできています。

 

友達に好きな人がいるのは知ってるけど、

その好きな人が誰かまでは知らない!

みたいな感じですね(笑)

 

そうすると、なんかもやもやして、

知りたい欲が湧きやすくなります。

 

 

それと同じ原理で、

これもテキトーなんですけど、

 

『カレーライスEVO』

 

みたいなブログタイトルを付けると、

 

「カレーライスは分かるけど、EVOってなに?」

と思わせることができるんですね。

 

(ちなみにEVOは、

アメリカの格闘ゲーム大会のことで、

カレーライスは全く関係ないです)

 

なので読者にも、

何となくクリックしてもらいやすい、

ブログタイトルにすることができます。

 

見慣れている言葉×見慣れている言葉=見たこともない言葉

見慣れている言葉を掛け合わせて、

オリジナルのタイトルを付ける方法です。

 

ロケットニュースは、

実際にあるブログなんですけど、

「ロケット」×「ニュース」で、

両方知られている単語ですから、

覚えやすいですし、新しい言葉になっています。

 

ハムスター速報というサイトも、

(ハム速と呼ばれています)

「ハムスター」×「速報」という

知られている単語の組み合わせですよね。

 

ミュージシャンの曲名でも、

この考え方で付けられているタイトルは結構多いです。

 

比較的簡単に、

ブログタイトルを付けやすい考え方なので、

悩んでいたらぜひ使ってみてください。

 

まとめ

今回紹介したタイトルの付け方ですが、

「どれかひとつに絞って考えなければいけない」

というわけではないので、そこは誤解しないでください。

 

僕が紹介した考え方のうち、

見慣れている言葉の組み合わせと、

カッコいい英語のタイトルといった、

ふたつの考え方でブログタイトルを決めてもいいわけです。

 

それに、

ブログタイトルは僕もやっている通り、

後から変更してもOKなものです。

 

タイトルで延々と悩み続けるなら、

それなりのタイトルにしておいて、

ブログの中身をつくることに移行したほうが、

ビジネスとしては早く成功できます。

 

ブログの中身ができてきてから、

それに合わせてブログタイトルを決めても、

全く遅くないですからね。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――