どうも、アサハルです。

 

今回はブログの平均ページ滞在時間を伸ばす、

2018年11月13日現在、僕が知っている方法をお話ししていきます。

 

といっても別にものすごい方法でもなくて、

知った瞬間から使える方法ばかりというか、

今回の記事は割と小手先のテクニックです。

 

方法の概要だけを話すので、

それぞれの具体的なやり方とか設定の仕方とかは

割愛させていただくことをご了承ください。

 

記事中に動画を挿入する

これはよく言われていることですが、

記事を読む読者が再生しそうな動画を挿入しておくだけで、

ブログ内で再生されて平均ページ滞在時間を伸ばすことができます。

 

たとえば僕のこの記事は、

【ノゲノラ名言集】ノーゲームノーライフの空がとにかくかっこいい

 

ノゲノラというアニメが好きな人が読む記事ですが、

記事の最後にアニメの公式PV動画を載せているだけで、

平均ページ滞在時間が約3分強~5分ほどあります。

(月によって1分ほど変動してます)

 

単純ですけど平均ページ滞在時間的には効果大です。

 

文字数的には引用を除いて

1,000文字ちょっとだと思いますが、

そんな記事でも動画を入れるだけでカンタンに滞在時間を伸ばせます。

 

挿入する動画は、記事を読む読者にとって、

再生したくなるようなモノを選べばOKです。

 

挿入する動画はyotubeに限った話ではなくて、

Twitterでもtiktokでも基本なんでもOKですが、

違法アップロードされた動画を使うのは推奨しません。

 

記事中に音楽を挿入する

考え方としては動画と同じです。

 

iTunes storeなどから、

サンプル音声などを引用して

ブログに埋め込んでおけば、

 

あとはブログ記事との関連性さえあれば、

高確率で再生されて平均ページ滞在時間が簡単に伸びます。

 

バンドや歌手といった曲を題材にした記事はもちろん、

ドラマ、映画、アニメ、ゲームの作中BGMなど、

それに関連した曲を埋め込めばOKです。

 

読者が既に知っていることをダラダラと述べる

この方法は、

真剣にブログを読んでいる読者ではなく、

ダラダラとブログを読んでいる読者に特に効果的です。

 

たとえば、漫画やアニメなどの感想記事で、

感想記事なのにダラダラとあらすじを書いたりする方法ですね。

 

好きなドラマやアニメのWikipediaを

見たことあるならピンとくると思いますが、

意外と人は全く学ぶことがない記事でも、

(既に知っていることが書かれていても)

 

「うんうん、そうだよねー」

「ああ、そんなシーンあったあった」

 

と、

もう知っていることなのにも関わらず、

ダラダラと読んでいることがあるものです。

 

 

この記事の、

ブログの平均ページ滞在時間を伸ばす方法まとめ、

のような新しいことを知りたい人が集まる記事で、

ダラダラ書いていたら速攻で離脱されますが、

 

そんなに悩みが深くない、

ただなんとなく検索しているくらいの人には、

たとえ面白い記事じゃなくても

既知の内容をひたすら書くだけで平均ページ滞在時間は伸びます。

 

体験談(ストーリー)を書く

多くの人は体験談やストーリーが好きです。

 

情報が淡々と書いてある記事よりも、

やはり体験談やストーリーがあるほうが

単純に読まれやすくなりますし、

それによって平均ページ滞在時間も伸びる傾向にあります。

 

例によって僕の記事でいえば、

スマホ1台で10万稼げた!超簡単に自己アフィリエイトで稼いだ話

 

こちらの記事の平均ページ滞在時間は、3分半ほどあります。

 

そもそも平均ページ滞在時間を伸ばす理由は?

今後のSEOがGoogleの人工知能によって

どうなっていくのかは分かりません。

 

しかし、

 

2018年11月13日現在のSEOは、

平均ページ滞在時間や

平均ページセッションなどの数字や、

含有キーワードによって検索順位が決まっていると僕は思っています。

 

実際にGRCというツールで

検索順位の経過を見ていても、

SEO的に平均ページ滞在時間を伸ばすことは

効果があると思いますが、

 

そもそもの大前提として、

平均ページ滞在時間が一番大切なのかどうかは考える必要があります。

 

 

「売り上げが思うように上がらない」

 

となったときに、

多くのブロガーやアフィリエイター、

ネットビジネスに取り組む人は、

真っ先にアクセスを増やそうとするのですが、

果たしてそれは本当に正解でしょうか。

 

  • アドセンスによるマネタイズ
  • 明らかに購買欲の高いキーワードで集客している

 

といった、

もう見るからにアクセスさえ増えれば

売上が上がると確信しているなら、

SEOに手をつけるのは良いと思います。

 

けどそういった明確な理由もなく盲目的に、

「とにかくアクセスさえあれば売れるんだ!」

と思い込んでいるなら危険です。

 

 

売上が上がらないブログや記事に、

小手先のSEOだけでアクセスを流し込んでも、

それは大勢の人に質の低いコンテンツだと吹聴しているようなモノ。

 

あまり得策ではなさそうですよね。

 

仕組みのテスト的な意味で

アクセスを集めるならともかく、

盲目的なアクセス信者になるのはやめたほうが無難です。

 

 

特に自分のところで

アフィリエイトだったり自社商品だったりと

成約型のビジネスモデルを採用しているなら、

客数(アクセス数)をいじるのは最後です。

 

それよりも大事なのは単価とリピート率を上げること。

 

単価とリピート率が低いところに

アクセスを流しまくるのは、

ざるに水を注いでいるのと同じで無駄が多いです。

 

闇雲にアクセスを集めようとするんじゃなくて、

なんでアクセスが必要なのか明確にしてから

最善手をうっていくのが賢いやり方ですよ。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――