どうも、月に払う携帯料金は、

1800円ぐらいのアサハルです。

 

SIMフリーに変えるまでは、

普通にauを使っていて、

月に7000円~8000円ぐらい払っていました。

 

 

携帯の主な使い道と言えば、僕の場合、

 

  • LINE
  • ニュースサイト
  • たまに電話
  • ネット検索と各種SNSを見る

 

程度だったので、

高速回線やデータ量を必要としていませんでした。

 

で、僕は大体家に居ますし、

家にいるときはWifiを使っていましたから、

これに7000円~8000円は高すぎだろ、

とずっと思っていたわけです。

 

 

なので、もう1年半以上前ですが、

SIMフリーの存在を知ったときには、

即行で端末ごとSIMフリーに以降しました。

 

それ以降はずっと、

携帯料金は月に1600円~1800円ぐらいです。

 

SIM対応の端末に3万近く、

月途中の解約で2万円ぐらいかかりましたが、

月の経費が6000円近く減ったので、

それでも1泊2日の国内旅行に行けるぐらいは浮いてると思います。

 

わざわざ時間をつくって店舗まで行かなくても、

ネットだけでSIMフリー携帯への乗り換えは完結します。

僕は頼んでから3日ぐらいで手続き終わりました。

 

 

なので、

僕はキャリア携帯を使っていて、

外でガンガン使用する人や、

(そういう人はポケットWifiおすすめです)

Wifiがなくて携帯でyoutube見まくる人以外には、

SIMフリーへの乗り換えをオススメしています。

 

SIMフリーの唯一の欠点は、

キャリアメールのアドレスが使えなくなること。

 

たとえばauだったら、

メールアドレス@ezweb.ne.jpは使えなくなります。

 

けど、

今はほとんどLINEで連絡とると思うので、

キャリアのアドレスって、

そんなに必要ないと思うんですよね。

 

 

もしここまで話を聞いて、

SIMフリーいいなって思ったら、

乗り換えるならお小遣いサイト経由のほうがお得です。

 

(アフィリエイターに怒られそうですが(笑))

 

SIMフリーに乗り換えつつ、

お小遣いサイトで稼ぐ方法↓

会社員時代のアサハルがスマホ1台で10万円稼げた話

 

 

 

こちらはお小遣いサイトの、

モッピーの画面キャプチャですが、

今だと最高で19,000円戻ってきます。

(モッピーは1ポイント=1円換算なので)

 

5000円ぐらいのものでも、

SIMの月額料金は大体1000円~2000円ですから、

少なく見積もって2ヵ月タダで携帯が使えます。

 

結論:SIMフリーは普通におすすめですよ!

 

 

 

で、この話には続きがあって、

先日も友人と携帯の話になり、

僕が「キャリア携帯って高いよね」と話を振ったら、

 

 

友人「え? 俺auだけど3000円ぐらいだよ?」

 

僕「え?」

 

 

となったので、調べてみました。

 

そしたら、auも安いプランを提供してたんですね。

 

引用元:au公式サイト|auピタットプラン

 

 

僕がSIMフリーに乗り換えたとき、

こんなプランはなかった(はず)ので、

普通に「おお!」となりました。

 

 

ただ、経費の関係か、

僕の使ってるLINEモバイルは3GBで1800円に対し、

(余った前月分は繰り越せる)

auは3GBだと3480円(しかも1年だけ)です。

 

「SIMフリーは回線が……」と、

言う人もたまにいますが、

これを読んでいる人は騙されないでくださいね。

 

回線が気になる人はLINEモバイルのように、

キャリア携帯の回線を利用しているSIMを使えばいいだけです。

 

(ちなみにLINEモバイルは

ドコモの回線を利用しているので、

ドコモの電波が繋がるならどこでも使えます)

 

 

しかしそれでも、

僕の知っていたauのときよりかは、

かなり安くなっています。

 

 

auのピタットプラン2GBであれば、

1年間は2980円ですし、

SIMフリーとの差も1000円~2000円ぐらいです。

 

それに毎日忙しい中で、

携帯乗り換えるのは面倒だ、

と思う人も少なくないでしょう。

 

SIMフリーとかよく分からん!

調べるのも面倒だ!

とりあえずピタットプランにしとくか!

みたいになる人もいると思います。

 

ドコモやソフトバンクも、

同じようなプランを出していてもおかしくありません。

 

 

こういう価格競争って、

僕ら消費者にとってはありがたいことだと思います。

 

SIMフリーが目立ってきて、

このままじゃマズいと思ったauが動き、

お客さんを逃がすまいと、価格を下げる。

 

 

それまでと同じものが、

(パケット下がってるので、

完全に同じじゃないですが)

さらにお値打ちで使えるようになるわけですから。

 

 

逆に言えば、

ビジネスを展開する側は、

便利な『だけ』じゃ、

価格競争に巻き込まれる可能性大です。

 

 

便利さだけで勝負しようとすると、

さらに便利なライバルが現れたときに、

不利な戦いを強いられることになります。

 

じゃあ、

何で勝負していけばいいのかというと、

『付加価値』で勝負する必要があります。

 

 

便利なのは当たり前、

それにプラスして、ウチにはこんな、

面白いイベントがあります! みたいな。

 

この例はちょっと雑ですが、

今後便利なだけのものは、

ドンドン安くなっていくと僕は考えています。

 

 

となると、人がお金を使う先は、

 

  • 楽しそうなモノ、面白そうなモノ(娯楽)
  • 成長の体感や自己実現(自己投資)
  • コミュニティ(環境)

 

この辺になっていくでしょう。

 

 

いずれにせよ、便利さのような、

機能性だけの勝負ばかりをすると、

高確率でジリ貧になります。

 

機能性ではなく、

人の感情に訴えかけられるものが、

必ずいま以上に大切になっていきます。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――