どうもアサハルです。

 

今回はせどりで仕入れた商品をアマゾンで販売する際に、

重要になってくる(というか使う必要のある)

大口出品と小口出品について、その違いと、

メリットを解説していきます。

 

と言っても全然難しくないですし、

覚えることも少ないので僕の記事を読めば

サラッと理解して頂けるでしょう。

 

アマゾンの大口出品と小口出品とは?

↑動画で分かりやすく解説しています。

アマゾン販売で非常に重要な

ショッピングカートについても解説しているので、

必ず動画を見るようにしてください

 

 

仕入れてきた商品をアマゾンで販売するためには、

アマゾンの出品サービスである

「小口出品」か「大口出品」を

必ず利用する必要があります。

 

 

小口出品と大口出品についての違いは、

アマゾンでも見比べやすく紹介されています。

⇒ 大口出品と小口出品の違いについて(アマゾンのサイト)

 

 

 

大口出品と小口出品の違いは色々ありますが、

一番の差は「ショッピングカートの取得のしやすさ

です。

 

 

ショッピングカートについては、

この記事の上にある動画で解説していますので

そちらを見ていただくほうが確実に理解できます。

 

 

文章でも説明しますが、

ピンとこなかったら動画を見てください。

(↓クリックで拡大できます)

ショッピングカート

 

要は画像の右側にある「カートに入れる」を押すと、

自分の商品が売れる状態にすること。

これを「ショッピングカートを取得する」と言います。

 

アマゾンを利用する購入者の多くは、

「カートに入れる」ボタンから商品を買います。

右下にある「こちらからもご購入いただけます」から

買う人は全体でみるとやはり少ないです。

 

 

なのでショッピングカートを取れるか取れないかは、

アマゾンで販売するにあたって非常に重要な項目です。

売れるか売れないかにモロに関わりますからね。

 

 

 

で、大口出品と小口出品の話に戻りますが、

小口出品だと

このショッピングカートをほぼ取れないと

思ってもらっていいです。

 

 

 

というのも、

既に多くの販売者が大口出品を利用しているからです。

 

 

同じ商品を大口出品者と小口出品者が販売すると、

小口出品者はまずショッピングカートを取得できません。

 

 

大口出品のほうが決済項目が多いからです。

 

 

小口出品ですと、

アマゾン利用者はクレジットカードまたは

Amazonギフトカードの2つでしか

商品を購入することができませんが、

 

大口出品では上記の2つに加えて、

コンビニ決済、代金引換、Ady決済が可能です。

 

 

アマゾンのショッピングカートは、

基本的に「購入者にとってよりメリットがある」=

「購入してもらいやすい設定」の商品が、

取得しやすいように設定されています。

 

 

決済項目が多いことも購入者にとってのメリットなので、

この時点で小口出品は大口出品に勝てっこないわけです。

 

 

僕は最初の数日だけ小口出品で販売しましたが、

最初のほうこそライバルが少ない商品を

取り扱っていたためすぐ売れたものの、

ライバルが多い商品を販売すると全然売れなかったため

すぐに大口出品に切り替えました。

(その後3週間くらいできっちり売り切れてくれました)

 

 

小口出品のままだったらまず売れなかったでしょう。

大口出品のライバルがじゃんじゃん商品を補充してましたからね。

 

 

僕はアマゾンの回し者でもなんでもないですが、

基本的に大口出品にしない理由がありません。

 

 

ハードモードで売り切りたいという

特殊な思いがあるのなら話は別ですが、

特にないのであれば僕は大口出品をおすすめしています。

 

大口出品の登録はこちらから

⇒ 大口出品登録(Amazonのサイト)

 

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――