どうも、アサハルです。

 

「アドセンスで稼ぐと決めた! まずはブログを立ち上げよう!」

 

ってなったときに、

どんなブログを立ち上げたらいいのか、

まず考えるところだと思います。

 

実際に検索をかけてみると、

ごちゃまぜブログのほうがいいとか、

特化サイトのほうが稼げる、とか、

色んな意見が出てくると思います。

 

そこで、

「意見がありすぎて選べない! よく分からん!」

 

という声もいくつか貰ったので、

今回は僕なりの意見を書いていきます。

 

ごちゃまぜブログとは?

その名の通り、

様々な題材を扱ったブログのことです。

 

Googleなどの検索エンジンから見たときに、

ごちゃまぜブログだとどんなブログなのか、

簡単には分かりにくいため、

何かのジャンルに特化しているブログよりは、

Googleからの評価を高めにくいと言われています。

 

それは確かにその通りで、

カチッとハマった特化サイトよりは、

収益面でも劣ることはあるでしょう。

 

しかし、

ごちゃまぜブログの良いところは、

ブログの軌道修正が容易に行えることです。

 

今まで学生向けの記事を書いてたけど、

イマイチアクセスが集まらないから、

今度は健康系の記事を攻めてみよう、

といった具合に、その時々で、

臨機応変に書く記事を変えることができます。

 

 

アドセンスで収益を得るためには、

とにかく大量のアクセス(PV数のこと)が

必要になってきますが、

ごちゃまぜブログで有利なところは、

どんな話題でも扱えるところ。

 

テレビやネットのニュースを見ていて、

これ書いたらアクセスきそうだな、

と思ったものを素早く扱うこともできます。

 

 

特化サイトと比べて、

収益が伸びにくいと言われる

ごちゃまぜブログですが、

月に10万~50万くらいは狙えますし、

途中から特定のジャンルに移行していけば、

半特化ブログとしてGoogleからの評価を上げることもできます。

 

カチッとハマった特化サイトより、

爆発力はないかもしれませんが、

その時々で戦略を変えられるのがメリットです。

 

【ごちゃまぜブログのメリット】

  • とにかく臨機応変に運営できる
  • アクセスが集まりそうな記事なら何でも扱っていける
  • 途中でアクセスの集めやすいジャンルに特化するのもアリ

 

【ごちゃまぜブログのデメリット】

  • ハマった特化サイトと比べると検索で上位表示しにくい

 

特化サイト(ブログ)とは?

ある一定のジャンルに特化したブログを指します。

 

ある程度質のあるコンテンツが溜まって、

Googleから特化性が認められてくると、

ジャンルにもよりますが、

安定して高いアクセスを集めやすいのが特徴です。

 

特化サイトでは、アドセンスの収益だけでも、

月に50万を超えるのも難しくないので、

より大きな収益を狙うのであれば、

なにかのジャンルに特化させたほうが良いと言えます。

 

しかし、

 

特化サイトは、最初のジャンル選定や、

サイト設計をミスしてしまうと、

どれだけ記事を投稿しても、

全くアクセスが集まらない可能性もあります。

 

ごちゃまぜブログのように、

軌道修正も非常にやりにくいため、

稼げなかったらもう一度最初から、

ブログを立ち上げ直し、ということになります。

 

特に、アドセンスブログに、

初めて挑戦する初心者の方の場合は、

ジャンル選定がよくても、

コンテンツの質が弱かったり、

サイト設計がうまくなかったりして、

検索エンジンにアピールできていないこともよくあります。

 

なので、ごちゃまぜブログに比べると、

少し難易度は上がると言えます。

 

どっちが稼げるか、と言われれば、

金額だけなら特化サイトが優勢ですが、

そこまで到達できるかどうかは、

また別の問題と言えるでしょう。

 

【特化サイトのメリット】

  • ハマれば高いアクセス数と収入が安定する(ジャンルによりけり)
  • ひとつのジャンルに特化するので記事が書きやすい(これもジャンルによる)

 

【特化サイトのデメリット】

  • サイト設計やジャンル選定に失敗するとまるでアクセスがこない
  • 方針を変えることが難しいのでブログを潰しがち
  • コンテンツが弱いと特化として認められにくい

 

どっちがおすすめ?

ブログ運営者の知識や能力、

趣味や嗜好によるところもあるので、

一概に全ての人にコレとは答えられないのが実情です。

 

なので、あくまで個人的な意見ですが、

初心者の方でとりあえずやってみるなら、

アドセンス審査にも通らないといけないので、

ごちゃまぜブログでやってみるといいかな、と思っています。

 

僕もそうだったんですが、

初心者のうちだと、

質の高いコンテンツをつくるのが大変だし、

そもそも何を持って質が高いのかも、

よく分からなかったりします。

 

だから、

ひとまずはブログを書くことに慣れる。

 

書くことに慣れながら、

記事のネタ選定に慣れる意味でも、

ごちゃまぜブログで始めてみるほうが、

ブログの軌道修正が効きやすい分、

見切り発車でもやりやすいかなと僕は思っています。

 

 

ネットビジネスに初めて挑戦して、

初めてブログつくって、

それが全くダメで潰しました、となると、

その時点で諦めてしまうこともあると思うんです。

 

そこで諦めてしまう人はそれまで、

と言ってしまうのは非常に簡単ですが、

どうせなら最初の段階からでも、

ある程度の成果を出したいもの。

 

 

記事のネタ選定に慣れてきたリ、

どんなコンテンツが質が高いのか、

感覚で理解できるようになってからでも、

ジャンルを特化させていくのは、

遅くはない、というのが僕の持論です。

 

まとめ

「ブログを立ち上げよう!」と思い立った時、

 

あー、でもブログのジャンル何にしようかな。。。

 

これにしようかなー、でもよくわかんないな。

あ、こっちもいいな、どっちにしようかな。

うーん、悩むな。。。あ、今日も1日終わった。

 

 

…………なんかもういいや!

 

 

って、なっちゃうのが、

一番ダメだと僕は思ってます(笑)

 

 

これは僕の経験談ですが、

初心者のうちにアレコレ悩み過ぎても、

ロクな答えって導き出せません。

 

めちゃくちゃ頑張って考えたのに、

いざ実際にやってみたら、

そもそも根本から間違っていた、

なんてことが普通に起こってきます。

(間違ってたことに気付けるのでいいですが)

 

それだったら、見切り発車でもいいので、

「よくわかんないけど、とりあえずブログ作ってみた!」

 

くらいの勢いでやっていったほうが、

ブログ運営に必要な色んな事を、

どんどん感覚で理解できるので、

そっちのほうが良いと僕は思っています。

 

 

頭で理解しているのと、

肌感覚で分かっているのとでは、

理解の差が天と地ほど違います。

 

それを埋めていくためには、

最初のうちはもう行動しかありません。

 

 

なんとなく何やるかだけ決めたら、

(今回で言えばアドセンスで稼ぐこと)

まずはやってみると良いです。

 

実際にやれば、

他人事から『自分事』に変わるので、

経験から学ぶ知識の濃度もグッと上がります。

 

 

ブログビジネスは費用が安く済むので、

この『とりあえずやれる』ところは、

シンプルにして最強のメリットだと僕は思ってます。

――――――――――――――――

僕は1日2~3時間程度の労働で、

家にいながら多いときで

100万円ほど稼いでいます。

 

こう聞くと非常に怪しいですよね。

ほんの数年前の僕が聞いても、

絶対に怪しいと思うでしょう。

 

ですが、そう思うのは、

実態をよく知らないからです。

知ってしまえばなんてことはないし、

誰にでも可能性があると分かります。

 

僕は元々ビジネスが得意だったわけでも、

めちゃくちゃ勉強ができたわけでも、

お金があったわけでもありません。

 

そんな僕がどうやって

今の生活になったのか、

下記の記事で詳しくお話ししています。

 

アサハルのプロフィールと理念

 

――――――――――――――――